読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

英語

究極の外国語学習方法について

英語やスペイン語、あるいはほかの外国語習得にも使えるとっておきな学習方法をあなたにだけ教えます!

たった3ヶ月で英語がペラペラに!

時々、「どのように英語をマスターしたのか?」あるいは「スペイン語をマスターしたのか?」と聞かれることがある。 そういうときは、たいてい「1日4、5時間勉強して、だいたい1年で文法やセンテンスは問題なく言えるようになるから、あと1年かけてなる…

間違いだらけの外国語学習方法について

間違いだらけの外国語学習方法について

英語学習者必見の海外ドラマについて

海外ドラマはNetflixやHULUのおかげで、かなり身近になった。 では、英語学習という観点から、どの海外ドラマが見るのか効果的か一度考えてみることにしよう。 「好きな海外ドラマは?」と聞かれれば、ダントツで「ウォーキング・デッド」だ。

これからは非ネイティブによる英語が世界の主流になる

かなり違和感があるなと思ったので、なぜか検証してみた。 英語はやっぱり上手くならない? 今世界で話されている英語の多くは、非ネイティブによる英語だ。 その世界では、無料のものはフリーだし、チップはTipだ。絶対にcomplimentaryやGratuityなんて言葉…

ディクテーションで覚える ビジネス英語必須パターン123

献本御礼。 ビジネス英語を書かせたら日本一と言われる日向清人先生の本です。 さすがの安定感ですが、この本が画期的なのはパソコンでできるアプリと組み合わせたことかと。

46歳バツイチおじさんの英語学習について

あまりに面白いので、シェア。 46歳のバツイチおじさんが世界一周の旅に出る理由 【第1話】

起業と英語とTOEICについて その4

地味にコラムを「みんなの英語ひろば」に連載しています。 起業と英語とTOEICについて その4 あと一話で完結で、近日中にアップ予定です。 そして、あっという間にもう2015年も終わりに近づきました。

起業と英語とTOEICについて その3

もう3回目・・・・・ 起業と英語とTOEICについて その3 4回目まで書き上げてあり、実際はあと1回書くのみ。 本当はもっと違うことを書く予定だったのが、なぜかかなり脇にそれた話になってしまった。 最後はきっちりと書きたいことを書いて、終わりたい。

起業と英語とTOEICについて 2

みんなの英語ひろばでコラムを現在連載しています。 起業と英語とTOEICについて 2 その2回目がアップされました。 5話完結の2話です。

起業と英語とTOEICについて

みんなの英語ひろばにコラムを寄稿しました。 起業と英語とTOEICについて シリーズものです・・・・・あの頃は色々とあったと書きながら、思いました

英語の訛りについて思うこと。

ブエノスアイレスにいたとき、アルゼンチン人の友達と話していたら、彼がスペインを旅しているときに「どうしてスペイン人はこんなにも英語ができず、さらにどうしてあんなひどい訛りで英語を話すのか?」という話になった。 中南米の人が話す英語は、スペイ…

外国人とコミュニケーションを取る最適な方法とは?

外国語を学習する動機はそれぞれ色々とあると思うが、最終的には「外国人とコミュニケーションを取るため」という目的に集約されるのではないだろうか?

人生の大半は取るに足りないつまらないことだけど、でも未来はきっと暗くはない。

今年の1月から3月までブエノスアイレスに滞在し、それからメキシコに行って二ヶ月滞在してから日本に行き、二ヶ月いた。だから、今年は今のところブエノスアイレスに滞在している期間が一番長くなる。 とはいっても、まだ合計3ヶ月しか過ごしてはいない。…

最も効率のいい英語習得と外国語の習得の意味について

アメリカの外務職員局によると、外国語を習得するのに4400時間もかかるらしい! 一週間に20時間勉強しても4年もかかるし、僕たちにとってもっと現実的な学習時間である週5時間だったら20時間もかかる計算になる!全くばかげた話だ!

フィリピン人先生とネイティブスピーカーの先生はどっちが優秀なのか?

2009年にオンライン英会話スクールをスタートした当初はフィリピン人のみだったが、今ではアメリカ、カナダ、メキシコ、イギリスなど多くの国の先生が在籍するようになり、そして今度はエストニア在住のウクライナ人の先生、Sasha先生を仮採用した。

新しい自分に向けて:言語を習得するということについて

誰もが忘れている。 いや、自分すらもう忘れていた。あの辛く長かったスペイン語を勉強していた日々のことを。

言語習得とキャラの獲得、それに英語とスペイン語について

使う言語によって、キャラが違う。 使う言語が「世界の見え方」を決めている:研究結果 たしかに感覚的にこれは正しいと思う。 英語を話している時と、スペイン語を話している時、それに日本語を話している時、それぞれ自分のキャラが違うとは思う。

外国人とコミュニケーションを成立するためにすべきこと

アルゼンチン、ひいては今住んでいるメキシコにいると、自然と日本人は自分一人という状況になる。特にここメキシコではメキシコ人ばかりのなかで生活しているので、ほぼ周りは100%メキシコ人だ。 ブエノスアイレスの場合は、一番の親友がアメリカ人のマ…

ある贅沢な悩みと旅と起業について

人はなぜ旅をするのか。 ただ、その理由を考えるのは少し野暮な気がする。 もしかしたらちょっとした麻薬のようなものなのかもしれない。 旅の魅力に取り憑かれた人間は、それが習慣化され、いつのまにか旅の常習者となってしまう。

【衝撃の事実!】英語の発音はネイティブが一番悪い!

発音を構成する要素はいくつかある。 母音、子音、それに前舌母音、後舌母音など分けていくときりがない。 だが、単純に「英語で外国人とコミュニーケーションを取りたい」という場合、おもにアクセント、イントネーション、それに各語句を正しくはっきりと…

英文無料チャットサービス始めました:お試し期間中です。

語学をマスターするには、その言語で作文することは必須だ。 またライティング能力よりもスピーキング能力が優れている人はあまりいないので、スピーキング能力を高めるためには作文することが必須となる。

そうして決戦が始まる:オンライン英会話スクール最終戦争

今年も恒例のワンズワード会員様パーティーを実施した。 オンライン英会話スクールでこのように毎年のようにパーティーを開いているのは、うちだけではないだろうか。そして、毎年のようにフィリピンから先生たちを招いていたが、今年は以前所属していたBeej…

教育の未来と言語習得について

東京外国語大学が新しい言語を学ぶ大学生を対象にしたインターネット学習教材を無料で公開した。

真のおもてなしを求めて:到達すべき英語のレベルについて

先日、メキシコ人に「もう何年も英語を勉強しているけど、全く話せるようにはならない。でも、よく文法なん勉強しなくても、英語を聞くだけで覚えることが出来るというけど、本当か?」と訊かれた。 そんなわけないだろう。 まずは文法をきちんと学び、そし…

3ヶ月以内に達成可能な目標を持って語学学習を行うべし

語学学習において最も重要なのは適度な負荷をかけることである。 そして、これが一番難しい。 自慢ではないが、イタリア語学習はすでに暗礁に乗り上げている。 30分のオンラインレッスンを一ヶ月続けて、なんとなくイタリア人先生相手には片言のイタリア語…

日本人が英語が苦手なんて幻想だ:ビジネスで使うための英語とは(アゴラ)

今、イタリアのシチリア島カターニアにいます。 毎日、パスタ三昧な日々ですが、メキシコにいるときにitalkiで見つけたイタリア語の先生に1ヶ月ほどイタリア語を習っていました。毎日30分だけのオンラインでの会話でしたが、けっこうスパルタな先生だった…

オンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」が特定非営利活動法人「テラ・ルネッサンス」と提携

オンライン英会話スクールを経営する株式会社ワンズワード(代表取締役:松岡 祐紀)は、「地雷」、「小型武器」、「子ども兵」に対して、現場での国際協力、国内での啓発・提言活動を行う特定非営利活動法人テラ・ルネッサンスと業務提携することをお知らせい…

英語バカの人たちへ:謙虚になるための処方箋

日本には英語バカが多い。 ちょっと英語が出来るからといって調子になっている人たちのことだ。 「ほんと日本人って、いやだよね、オホホホ」とか言っている自分も日本人な帰国子女が後を絶たない。そんな人たちはきっと留学中も周りは日本人ばかりの環境に…

CNE1アフタートークショー:成功した英語学習者になるために

CNE1大同窓会のあと、CNE1の井坂さん、ベリタス・アカデミーの坂木さんと三上さん、それに海外就職研究家(?)のもりぞおさんとバーミヤンで英語教育について熱く語り合った。 中年おやじ5人揃って、バーミヤンは正直どう思うし、新宿歌舞伎町にいて全く…

CNE1の大同窓会:日本滞在最後の日

昨日はCNE1の大同窓会に参加して、トークショーを行ってきた。 彼らの目的は自分たちと一緒に学んだ同窓生と会うことだったと思うので、おっさん5人の話などほとんど聞いていなかったと思うが、一緒に壇上に上がった方々はとてもいいことを言っていたように…

マルチリンガルであるということ:メキシコシティにて

タンゴのクラスで知り合った台湾人女性から「あなたは本当にマルチリンガルで、スペイン語も英語もうまく使いこなして、すごいわね」と言われた。 たしかに、考えてみるとブエノスアイレスでは常に英語とスペイン語を話す環境があった。2週間ほど家にはアメ…

世界の車窓から:変わりゆく世界について

ワンズワード創業時には6人しかいなかった先生が、いまでは19人となった。 ずいぶん遠くへ来たものだ。 フィリピン人11人 カナダ人 1人 アメリカ人 6人 オーストラリア人 1人 当初フィリピン人だけだったのだが、ブエノスアイレスに移住したのを活か…

ビジネス英語とは:ブエノスアイレスで考える

ビジネス英語を学びたいと時々、聞く。 でも、最近果たしてそんなものが存在するのか疑問に思う。 (とはいいつつ、うちもちゃっかりビジネス英会話やりますなどと謳っているけど) 毎日、英語を使って仕事をしているが、最近はメールのやり取りがほとんどだ…

みんなフィリピン人じゃない!多様な英語を理解するために

自分は自他共に認める仕事人間だ。 四六時中、仕事のことばかり考えている。 だから、これからのラテン経済の伸びしろを考慮し、その可能性に惹かれて、2年半ほど前にブエノスアイレスに移り住み、スペイン語をマスターして、現在に至る・・・・・と、東洋…

JOE先生から日本人英語学習者へのメーセージ

2010年11月より弊社に勤務していたJOE先生が、日本時間の12月8日11時52分に亡くなった。 お世辞抜きで素晴らしい先生だった。 そのレッスンは、ワンズワードに入ってくる先生に「素晴らしいレッスンの見本」として、研修で使うくらいだった。プ…

21世紀の英会話:世紀を経ても変わることがない語学上達の秘訣

高城剛氏のメルマガも読み始めて、もう1年半ぐらいになるだろうか。 毎週、彼のメルマガが届くと、「ああ、もう金曜日か」と思うようになり、一週間という時間はあっという間に過ぎるなとつくづく思う。 そんな彼が英語について書いたというわけなので、買…

英語を話せることよりも重要なこと:コミュニケーションとはなにか

昨日はいつものサルサ教室のあと、ちょっと一杯ということでみんなと飲みに行った。もちろん、世界一周中の宮崎県人二人も連れて。 そして、メキシコ人のアビマエルなどと「メキシコ人男性は意外とシャイ」という話になり、確かにアビマエルもほんとシャイだ…

TOEIC950点を確実に取る方法!

敬愛する水野先生が、英語学習の成功の法則について書いてらしたので、ここで紹介したい。 成功の秘訣は「バッシーン!」 最後まできちんと読まないと、ただのエロのおっさんの話になりますが、上記に書かれていることで重要なのは下記2点です。 「成功した…

オンライン英会話か留学:どっちが英語習得への近道か?

結論から言うと、留学する時間があれば、留学すればいいし、時間がないのであればオンライン英会話で英語習得を目指せばいい。 ただ、それだけの話しだし、それ以上の話でもない。 ただいずれにせよ、「英語を使う機会」を日常生活の上で創出する必要はある…

日本のオンライン英会話業界について:明るい未来はあるのか?

ふとツイッターを見ていると、下記謳い文句の新しいオンライン英会話スクールを見つけた。 「業界初コインパーキング型 勉強しない インスタント英会話 3分100円/オンライン英会話 月会費無し!!」 そして、極めつけは下記です。 「インスタント英会話で…

ブエノスアイレス在住のアメリカ人先生:そんな先生がいるのはワンズワードだけ!

ひそかに現在、「ブエノスアイレス在住のアメリカ人先生採用キャンペーン!」を弊社で行なっている。その第一弾となったエリック先生は本日から正式採用となった。 エリック先生の紹介ページ(まだビデオはありませんし、写真はサイズが合わず歪んでいます。…

深慮遠謀とは:経営者としての自覚について

マニラで一番の繁華街であるマカティ地区にあるワタミにワンズワードの先生一同勢揃いして、パーティーを開いた。 時々、ふと、どうしてワンズワードの先生方はどうしてこうも美人やかわいい人たちが多いのかと思う。けっして顔で選んでいる訳ではないのに・…

フィリピン人先生相手に限界マックスで接待をしてみるの巻。

フィリピンからBeejay先生、Shawie先生、それにKristin先生を招待し、わたくしが自ら全力で接待しました。その魂の軌跡を時系列でご覧いただけます。(すべての写真はクリックすると拡大表示されます) まずはへぎそばで歓待しーの。 ハチ公を見せーの。 セ…

目指すべきグローバルな英語とは

面白いブログを見つけたので、紹介したい。 グローバルな英語 本当の意味でグローバルに活躍するエグゼクティブがどういう英語を話すかを僕の経験からまとめると、 「いつでもゆっくり話す」 「わかりやすく、難しい表現を避けて話す」 「イギリス・アメリカ…

優秀な先生とは:マテアス先生の場合

外国語の勉強はスコットランドの首都エディンバラで本格的に始まり、そこで2年英語の勉強をし、そしてブエノスアイレスに来てからはスペイン語の勉強を始めて2年、ついでにポルトガル語の勉強をおっぱじめて今のところ3ヶ月が経過した。 どの言語の勉強に…

One night stand and Touch & Go

I've been going out with Daniel for a few months.....well, having said that, we are not having a gay love affair or anything, we are both keen on dancing tango and so we go to milongas together every now and then. (We celebrated his 52 yea…

これからの日本人のサバイバル戦略:英語だけはやっておけと。

最近、ヨーロッパの人たちと話す機会が多々あり、そして彼らの多くは複数言語を話すので、話して色々と気付かされることが多い。 (とあるミロンガで知り合ったスイス人二人組みです。彼女たちは英語、ドイツ語、フランス語、それにスペイン語を話します) …

先生たちの日本ツアーについて:さらなる成長のために!

5月30日に来日するBeejay先生、Shawie先生、それにKristin先生たちの日本でのスケジュールが決定した。 5月30日 来日(都内宿泊) 5月31日 東京ツアー(ガイドは私です、はい) 6月1日 都内にて会員様対象のパーティー 6月2日 自由行動 6月3…

タイ留学のすすめ:選択肢が広がる語学留学

ブエノスアイレスのミロンガで仲良くなったドイツ系スイス人の女性から、「何をやっているのか?」と訊かれ、「オンライン英会話スクールを運営しているんだよ」と言ったら、なぜか興味を持ったらしく根堀り葉堀りと訊いてきた。 そこでひょんな話からケンブ…