Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

音楽

ラテン音楽と過ごす日々について

ラテン音楽はやはりとても陽気な音楽だ。 気怠い日曜日とどこまでもポジティブなムッシュ・ペリネの音楽について ムッシュ・ペリネのライブに行ってから、ラテン音楽ブームが我が家にやってきて、毎日ラテン音楽を聴いている。スペイン語の曲は英語の曲のよ…

気怠い日曜日とどこまでもポジティブなムッシュ・ペリネの音楽について

気怠い日曜日の午後。 特にラテンの国の日曜日は多くのレストラン、バーが閉まり、閑散としている。 よって、人通りも少なくなるので犯罪率も劇的に上がる。 そんなとある日曜日にメキシコ人の友人から「スウィングとかジャズとかミックスしたコロンビアのバ…

洋楽聞き放題サイトについて:友だちからのプレゼント

Spotifyというサービスをご存知だろうか? 9.99ドルで洋楽聞き放題になるとてつもない優れたサービスだ。日本でもソニーが「Music Unlimited」という定額制の1300万曲聞き放題のサービスを始めている。 日本にいれば、上記サービスでも別に問題ない…

You are beautifulのあの人のコンサートに行って来ました

「今週の土曜日、ジェームズ・ブラントのコンサート行くんだよ?」 アルゼンチン人Aさん「いいね!・・・・・・って、誰?」 アルゼンチン人Bさん「・・・・・・ジェームズ・ブラウン?」 「違うよ、あの"You are beautiful"の人だよ!!」 アルゼンチン人A…

手嶌葵とチェット・ベイカーについて

チェット・ベイカーと手嶌葵には全く相関関係はない。 片やドラックで身を持ち崩し、片や今をときめく日本の女性歌手である。手嶌葵のどこまでもピュアな歌声を聴いていると、その反動でどうしてもチェット・ベイカーの歌声を頭の中で思い浮かべてしまう。 …

会社のあり方とザ・スミス プロジェクト

何を隠そう僕はザ・スミスの大ファンだった。 特にモリッシーの詩にすっかりやられていた。高校生の頃は中毒者のように毎日聴いていた。そして、世の中にはそのような日々を送っていた人が数多くいるようで、それが高じてジャニスさんはスミスの曲を全曲カバ…

クリスマスライブとパーティー

昨日は祝日ということもあり、友人タディに誘われ橋本昌彦さんのライブへと赴いた。ライブなんて久しぶりだ。音楽は好きだが、どちらかと言うと昔からライブにはあまり興味なく、家でじっくりアルバムに耳を傾けることのほうが性に合っている。 休日に表参道…

マイケル・ジャクソン展覧会

ロンドンではマイケルの親友だったミコさんによる彼の展覧会が開かれているらしい。 http://www.guardian.co.uk/music/video/2009/oct/28/michael-jackson-collection-exhibition-o2 O2というところはかってミレニアムドームと言われていた巨大なドームだ。…