Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

安物買いの銭失い:1590円のシャツを6000円で購入したお話

日本全国に身長185cm以上の人たちがどれくらいいるか知らないが、我々にとって一昔前までは長袖シャツを買う選択肢はZARA一択だった。

いまでこそオーダーメイドも安くできるようになり、通販、あるいは昨今ではユニクロもこのニッチな長身市場に参入し、我々のような頭ひとつふたつ高い長身族にも恩恵をもたらしている。

心無い友人からは「でかいひと専門の店で買えばいいじゃん!」と言われるが、でかい人=横にでかい人の意味であり、縦にでかい人が行ってもサイズが合わないことを一般庶民は知らない。

銀座のとあるデパートに行ったときボーとラルフローレンで長袖シャツをみていたら、店員のおばさんが「いやー、日本でLLといっても日本人用に袖つめているから」と言われ、あんたに合うサイズがないと暗に指摘されたこともある。

表参道にあるようなセレククトショップに行っても、すべての服がLまでしかないという迫害に近い扱いを受けたこともあり、この国では基本的人権すら守られていないのではと思うことすらある。

オランダやスウェーデンに移住したほうがいいのだろうか・・・・と時々、青空を見上げながら、思うこともあるほどだ。

そんなこんなで6月末にZARAで長袖シャツを買い、1回着ただけなのにあっさりと肩のところが裂けた。

f:id:photo0827:20170801104543j:plain

漠然と誰かに引っ張られたのかと思ったが、そんな記憶もない。ZARAに返品交換に行こうと思ったがレシートもないので、とりあえずは近所の洋服直し専門店に持ち込んでみた。

そしたら担当となったおばさんが「いやー、これは縫製が悪い!絶対ZARAに持ち込んだ方がいい。このあいだのお客さんもZARAで買って同じようなことになっていたから、お客さんもそうしたほうがいい!」と言われた。

まあ、縫製のプロがそういうのであれば、そうなのかと思い、その場は引き下がった。お直し代は2000円と言われたので、正直、そんなもんなら払おうかとすら思ったのだが、正義感の強いおばさんに諭された格好だ。

40%引きのセール価格で4000円だったので、プラス2000円ならば、許容範囲だと思ったわけだ。

だが、結局昨日、渋谷のZARAに行き、返品交換できないか聞きにいった次第だ。そうしたら、全店舗ですでに在庫はなく、返金か似たような製品と差額を払って交換と言われてしまった。

すでに二度手間になっていて返金されてもかなりの時間をロスすると思い、差額払っても交換してもらうことにした。そのときにレシートはなかったので、店員さんに「いつ購入されましたか?」と聞かれ、曖昧に6月末から7月はじめと答えた。

そして、いざ交換となり差額を請求される段になって、4000円で買ったはずの商品が「1590円」と計算されていることに驚愕した!

40%引きで4000円だったのでなんだかお得感があったが、店員さんいわく、その翌週には1590円に下がっていたということだ。

 

いやー、知りたくなかった、そんなこと。

 

1回しか着ていないシャツが破れて洋服直し専門店に足を運び、さらにZARA渋谷店までいって、追い討ちをかけるように1週間待てば1590円だったシャツのために2000円の差額を払って違うシャツをゲット!

 

なんかの罰ゲームか。

 

やっぱ、これからはユニクロか。

あるいはオーダーメイドか。

100歩譲っても、ZARAで定価で買うのは避けよう・・・・・いや、オペーレーション的にはしょうがないし、マニュアル通りの対応だろうし、文句もつけられないが・・・・1590円って、なあ。

 

ZOZOTOWNで買ったらこんな目に遭うこともないのかなあー。

 

やはりオランダあたりに移住しようかどうしようかと悩む今日この頃だ。