Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

ブエノスアイレスから日本へと:2016年の旅

ブエノスアイレス滞在も今日が最後となってしまった。 3週間ちょっといたが、本当にあっという間だった。

ba2016_sun

留学や海外によく旅をしていた10代や20代の頃は、日本への帰国が近づくと、意気消沈したものだったが、最近はむしろ「日本へ帰れる!」と思いテンションがあがることのほうが多い。

じゃあ、なぜ海外に行くのかというと、単純に「飽きる」からにほかならない。海外に10年近く暮らしてみて、日本の良さも十分に理解できるようになったし、いつの間にか3ヶ国語も話せるようになった。それでも、まだまだ世界を見て回りたいと思うし、新しい言語にも挑戦してみたいと思う。

人からはよく「どこにでも行けるのに、どうしてブエノスアイレスを選んだのか?ヨーロッパに住んだほうが住み心地がいいのに」と言われる。きっとヨーロッパに住んでいたこともあるので、そこでの生活は十分に想像できるけど、ここ南米のブエノスアイレスの生活は想像できなかったという一点で、この地を選んだのだと思う。

想像できることよりも想像できないことにチャレンジするほうが、楽しいに決まっている。 タンゴを始めたのも、「タンゴを踊れる自分なんて想像できない」から始めたのかもしれない。

あとは「億万長者になった自分」は想像できないので、なってみたいとは思う・・・・無理か。

2016年はまだ始まったばかりだし、今年はまた新しいことにチャレンジして、新しい展開を自分の人生に起こしてみたいと思っている。失敗するも成功するも、最終的には時の運だと思うが、何もチャレンジしないで傍観者のような人生は送りたくはない。

(昨日、たまたま行ったミロンガで渋いエレクトロタンゴグループのライブ演奏が・・・気軽に音楽と芸術に触れられる点はブエノスアイレスのいいところかな)