Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

海外在住の日本語通訳と日系企業のマッチングサイト・ワンズワードコネクトの通訳登録者が100名超えました。

世界中に散らばっている日本語通訳者だが、開業以来、どうにか彼らとコンタクトをして、ついに登録者が100名を超えた。

screen-shot-2016-11-07-at-10-27-45

サイトを開設したときは、当然登録者はゼロなわけで、ついでに言うと全くツテもなく、「どのように彼らを見つけるか」ということについてもアイディアはなかった。

ただなんとくなく、どうにかなるだろうとは思っていたし、実際半年あまり経って、100名は集まった。もちろん、もっと多くの通訳者の方に登録してもらう必要があるが、それよりも雇ってもらうクライアントにとって、「彼らが果たして有用な通訳か」をなんらかの方法で証明する必要がある。

そのために来週から、ヨーロッパに行き、実際登録してもらった通訳者の方々と会うつもりだ。 11月15日からルーマニアに入り、27日にマドリッドから日本行きのフライトを予約している。

ほとんどの国で一泊二日の強行日程だが、別に観光を目的としているわけではないので、それで十分だと思っている。こちらから連絡をして、アポイントメントを取れない人たちも多くいるし、なかには返信すらしない通訳の方もいる。返信がない人に関しては、最後通告をしてから、登録を抹消するつもりだ。

ヨーロッパで登録した人たちに会ったのち、ある程度手応えを得れば、それを今度はアジア、アメリカなどに広げて、基本的には登録者全員と会いたいと思っている。

このネットの世界では、「どのように質を担保するか」はとても重要な課題だが、結局はこのようなアナログな方法が一番いいのではと思っている。

もし、自分自身が通訳を探している企業側の担当であれば、「社長自ら登録している通訳の方と会って直接面接しているマッチングサイト」とただ登録している通訳がたくさんいるサイトだったら、当然前者から通訳を探そうと思うだろう。

結局、仕事でもプライベートでも重要なのは、「当たり前のことを当たり前のようにやること」であり、それをショートカットしようとするから上手くいかなくなるのだろう。急がば回れということだ。

ただ、こんな思いつきにしか過ぎなかったアイディアだったが、それを元にサイトをいちから制作して、それに共鳴して世界中から100名以上の通訳の方々から登録があったことは素直に嬉しい。

多くの人たちは、遠くばかりを見て、夢や目標を諦める。 でも、きっと大事なのは、今できることをひとつづつこなしていくことではないのだろうか?