読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

ただひたすら青い空に向かって:ブエノスアイレスより

2014年になった。 今年も過去2年と同じように新しい年をブエノスアイレスで迎えた。

去年は移動の年だった。ひょんなことから世界一周を思いつき、結局7ヶ月かけてブエノスアイレスからまたブエノスアイレスへと戻ってきた。その過程でメキシコと出会い、結局そこに4ヶ月も滞在してしまった。

今年は2月までブエノスアイレスに滞在し、2月から2ヶ月くらいメキシコシティに滞在し、それから日本へと一時帰国するつもりだ。日本からフィリピン、それにシンガポール、香港などにも行く予定でもある。それからはブエノスアイレスに帰るか、メキシコシティに行くかまだ決めていない。

すべては状況次第だろう。

ブエノスアイレスの1年目はスペイン語がストレスとなり、2年目はマンション購入がストレスだった。それらが一段落すると、なかなか居心地がいい街だとは思う。相変わらず停電はするし、インフレはすごいが、それでも魅力的な街だ。

東京、メキシコシティなどの大都市に比べると、本当に田舎だから、のんびりとしている。メキシコ人の友人アビマエルがブエノスアイレスに遊びに来て、ひたすら「ほんと、ここはのんびりしている」と言っていたので、間違いない。

abimaerl_rio

アルゼンチンという国の行末も気になるし、なんといっても自分の「ホーム」がある。今まで自分が住んだ家で、一番居心地がいい家だ。なにがあってもいつでもここに戻ってこれるし、またしばらくしたらここに住み始めるかもしれない。

未来のことは全く分からない。

ただしばらくは、どこかの国のどこかの街に2ヶ月くらいて、また旅立つということを繰り返すかもしれない。その拠点となるのが、ブエノスアイレスになるのか、メキシコシティなるのか、または東京になるのかは分からない。

今年は「どこに住んでいるの?」という質問にはうまく答えられないだろう。去年まではブエノスアイレスと言えたが、今年はそれほど多くの時間をブエノスアイレスで過ごすことはない。おそらく、今年あと一度くらいは戻ってくるかもしれないが、それ以外は違う土地で過ごす予定だ。

メキシコシティで出来た新しい友だちが懐かしく思い出すし、またこの家の居心地の良さも捨てがたい。そして、日本の友人や家族のこともある。今年は距離や時間など関係なく、好きなときに好きなところにいけるだけの経済力を身につけるために、よりいっそう仕事に専念したいと思っている。

仕事も人生と同じように自分にとってはゲームと同じだ。ただ違うのは、仕事の場合は最初からビジョンやプランを持って挑むことだ。人生は、成るようになるが、仕事はそうはいかない。

仕事とは、自分の最初のイメージに現実をどれだけ実際に近づけさせるかというゲームであり、人生は最初から先入観を持つことなく、どれだけ自分を自由にさせるかというゲームだ。

いつも思うが、ブエノスアイレスの空はいつも雲ひとつなく、青い。 そんなことはこの土地に実際に来るまで、知ることはなかった。

それが人生の醍醐味であり、生きるということなのだろう。

たぶん、世界にはもっと青い、雲ひとつない空が広がっているところがあるに違いない。 いつか、そんな国行ってみたいと思うし、そこでまた生活をしてみたい。