Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

人生のゴール

時々こう思う。「旅とはなにかを得るためにするのではなく、失うためにするもの」のではと。

すべてを捨てて、どこか遠い国へ行けたらと思う。
現実に嫌悪しているわけではなく、誰一人知らない国へ行って自分自身がどのような行動を取るのか、見てみたいだけだ。

そこで旅に出る。
なるべく異国へ。
誰も知らない、言葉も通じない場所にひとりへ行って、こう思うのだ。
「さて、おまえはこれからどうする?泊まる場所も決まっていないし、今日どうするかさえ決めていない。ましてや言葉も通じない国だ。そこでどうやって目的を探し当て、なんらか有意義な時間を過ごすのだ?」

マゾかなと思ったりもする。
知らないことが楽しい。
まっさらな状態が潔い良いのだ。

人生にはゴールなんて存在しない。
そして、無情にもゴールが見えないからといって、それをやり直すことはできないのだ。

そこで、せめてもの必死の行動として旅に出て、一から出直してみるのかもしれない。
言葉や常識を取り払ったなかで、自分がどこまで通用するのか確認するのはそれはそれで楽しいものだ。