Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

【セミナー告知】会社に頼らない生き方とは:グローバル時代を生き抜くために

このたび毎日留学ナビ様協賛でセミナーを開催することになりました。

日時:2010年12月4日(土) 18:30~20:30 開場18:00

場所:株)毎日エデュケーション フリースペース「グローバルひろば」

〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル西コア9F   

東京メトロ東西線竹橋駅」徒歩0分 地図はこちら

申し込み方法:こちらをクリックしてください。

このセミナーに参加して、お約束できるメリットは「ただでお酒が飲める」ことです。

(当日はワンズワード協賛でワインを提供します。セミナー開始から飲んでいただき、いい感じで酔っていただければ幸いです。きっと拙い内容でも、素晴らしく聞こえるかもしれません)

妻からは「あんたの話なんて、誰が聞きに来るの?」と言われています。それはこちらが聞きたいくらいです。一緒に講演する飯野先生は「おれ、なに話すんだろ?」とおっしゃっております。

(学会で何度か飯野先生を発表をお聞きしたことありますが、とても素晴らしい内容でしたので、ご安心ください)

そして、翌週の12月11日には流通科学大学様には下記講演のパネリストとして、参加します。

講演内容:ソーシャルメディア、先進メディアは外国語教育、そして私たちの社会をどう変えるのか?

詳細はこちらをクリックしてください。

この講演に関しては、お話し上手の住先生と山田先生のお二方がいらっしゃるので、特に心配はしておりませんが、自分の番のときにうまく話すことができるか不安ではあります。

そのような漠然とした不安を抱いていた自分ですが、それが昨夜偶然見た国会議員の答弁のおかげで、かなり解消されました。誰かは覚えていませんが、そのあまりのスピーチの下手さ加減にとても勇気付けられたからです。

上を見ればスティーブ・ジョブズやTED講演者の方々などいらっしゃいますが、下を見たら国会議員の方々がいらっしゃいます。国民の代表たる国会議員があの程度のスピーチなのですから、一庶民の自分なんてそれ以下でも何も問題ないと秘かな自信すら芽生えてくるから不思議です。

彼らから学んだことは色々とありますが、「原稿の棒読み」だけは絶対に避けるべきだなと痛感しました。ずっと下向いて「モゴモゴ」言っている、背の高いアレな人だけにはならないように気をつけます。