Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

シドニーにて:マーライオンを想う。

シドニーを「大きな田舎」と評した記事を読んだことがあるが、たしかにその通りだなと思う。

Sydneybridge2011

Airbnbというサイトを通して見つけたGabrielle夫妻の家に今、滞在している。成田を出発したのは、14日の朝11時だったが、彼らの家に着いたのは15日の朝11時近くだった。マイレージを活用するためにひたすら乗り換えと待つことを繰り返し、ようやく辿り着いたわけだ。

House_sydeny

着くなりに奥さんのほうから色々と質問を受け、今回はシドニーメルボルンを見て回るつもりと言うと、「メルボルンのほうが断然いいわ」と言われた。20年以上もシドニーに住んでいる人がいうのだから、そうかもしれないが、着いたばかりの身にとってみれば、あまり信じたくない事実だ。

2時間くらいオーストラリアやシドニー、それに画家として活躍する彼女について質問し、ほとんど寝ていなかったが、おかげで頭は冴えたので街を観て回ることにした。

(彼女は今年、スペインでアーティストレジデンスとして1ヶ月ほど滞在するとのことだ。飛行機代も家賃も払われ、報酬も受けられるという。中々素晴らしいシステムだ。)

シドニーというと、取りあえずはオペラハウスだろうと思い、行ってみた。

(ガイドブックを忘れたので、オペラハウスの行き先を訊くという恥ずかしい行為をしてしまった。しかし、そんな僕に「〇〇はどこですか?」という観光客が何人もいた。ただでかいという共通点で、オーストラリアンと思うのは誤りだ)

Operahouse2011

シンガポールの「マーライオン」と同じくらい残念な観光地として有名なシドニーのオペラハウスだが、マーライオン、それと同じくらい残念と言われるコペンハーゲンの人魚姫を見た自分としては、オペラハウスのほうが断然いいと思う。マーライオンに至っては、シンガポールの権威を失墜させると思えるほど、残念だと思う。早く撤去したほうがいいとさえ思えてくる。

東京の人ごみに慣れた自分としては、シドニーの街はかなり歩きやすい。

シティと言われる中心部は思った以上に小さくまとまっており、端から端まで歩いても30分くらいではないだろうか。MY MULTIという7日間乗り放題のパスを購入していたので、最初は電車で見て回ったが、途中から乗るのが面倒になって歩いて観て回った。マーケットストリート(シドニ一の繁華街)→オペラハウス→ミュージアム(オーストラリア博物館がある地区)→ボンダイジャンクション(ボンダイビーチがある地区)→キングスクロス(あまり治安のいい地域ではないが、安宿が密集している)を駆け足で観て回った。

Hydepark

街の作りはヨーロッパの街並みと比べると大雑把だが、それほど圧迫感はなく好感が持てる。ただ東京と比べると、見劣りするのも事実だ。7時くらいになるとさすがに歩き疲れて、Gabrielle夫妻の家があるBalimanという地区に戻ってきた。ここはかなり小洒落た店が多く、住みやすそうな地区だ。シドニーの中心部へは20分くらいで行けるので交通の便も非常にいい。

丸一日以上寝ていなかったので、シャワーを浴びて、9時前には寝てしまった。一日目としては、悪くない日だった。明日の夜はロンドンに住んでいた頃、とても仲が良かったスティーブンという友人に会う予定だ。彼とはもう15年ぐらい会っていない。最近は古い友人とよく会う。それも年を取ることへのひとつの楽しみなのかもしれない。