Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

トライアルレッスンの有料化について:ワンズワードオンライン

本日よりワンズワードオンラインのトライアルレッスンを完全有料化した。その理由は大きく分けて、三つある。

1.オンライン英会話スクールの認知度が高まるにつれて、トライアルレッスンの受講者が増えた。

これ自体は歓迎すべきことだが、ただの興味本位やそもそも英語を継続して勉強する気がないトライアルレッスン受講者が最近飛躍的に増えてきている。下記はそれらの例の一端です。

●酔っ払って受講する(宴会場などでレッスンを受講)

●「英語を勉強する時間はないが、英語を話せるようになりたい」

●「今度フィリピンに行ったら、会いたいんだけど・・・・あなたのような美人は見たことがない」と言って、トライアルレッスン受講中ひたすら口説く。

●今度、会社で英語でスピーチするので、その原稿の添削を先生に依頼する。(無料で)

●無料だから、当然のようにトライアルレッスンをすっぽかし、本来ならばその時間帯に予約できた既存の会員様に迷惑をかける。

2.ワンズワードは先生方に「最高の職場環境」の提供を謳っており、そのためには生徒様側にもある程度の「やる気」および「英語学習に対する理解」は必須。

このことはブログなどを通じて何度も指摘しているが、コミュケーションを成立させる程度の英語力を身につけるためには、多大な時間が必要である。100時間、200時間といった単位ではなく、1000時間、2000時間程度は最低限必要だ。

いくら優秀な先生を取り揃えている弊社でも、先生に最初からおんぶに抱っこされても、非常に困る。自学自習は語学を習得にするためには必須な要素だ。

無料だとこのようなことを理解していない安易な英語学習者の申し込みが多く、先生方にも多大な迷惑がかかっている。そのために有料化を行い、ワンズワードがターゲットとしている「本気で英語をマスターしたい人のみ」受講していただきたい。

3.トライアルレッスンが無料のままだと、さらにトライアルレッスンのみ受講する方々が増え、現在お金を払って受講していただいている既存の生徒様に迷惑がかかる。

弊社は成長・拡大よりも「顧客満足度」を第一に考えている。ただの興味本位で受講する方々よりも、当然、既存の生徒様のほうがより重要だ。またワンズワードのクオリティに合った先生を見つけ出すのには多大な時間と労力がかかり、このままでは既存の会員様にもレッスン予約が満足に行えないなど迷惑がかかる可能性が高い。

これはお金どうこうの問題ではない。会社としてどのような方向を目指しているのかという重要な問題だと思っている。先生方にも下記のように伝えた。

「It's not a matter of money, it's a matter of keeping our dignity.」(お金どうこうではなく、自分たちの尊厳を保持するため(ちょっと大げさに言うとですが))

ただそのかわりに、他社のほとんどが無料でのトライアルレッスンを行っているにも関わらず、弊社に有料トライアルレッスンに申し込んでいただいた方には下記のような特典を設けた。

1. 初回の50分のレッスンではレベルチェックを行い、担当の先生が詳細なレッスンアドバイスをレッスン後24時間以内にアップいたします。

  1. 50分×2回=合計100分の体験レッスン

  2. 最大2名の先生のレッスンが体験可能!

とてもリスキーであると承知しているが、とりあえずはどのような反応か様子を見たいと思っている。自分たちの成長に合わせて、サービスの精度も少しつづ向上させていければと願っている。

そんなお得な980円の有料トライアルレッスンの申し込みはこちらをクリック