Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

ブエノスアイレスでのニシコリ祭りは本日で終了です:錦織圭選手、4強入りならず

今日も自転車でひとっ走り、錦織くんの試合を見てきました。相手は奇しくも第二回戦の一試合目の試合でプレーしたスタニスラス・ワウリンカ(スイス)です。

遠目から見ると、ただの小太りのおっさんです。

(近くでみると、そうでもないけど)

よって、アルゼンチン人の友人に「今日も錦織勝ったぜ!」と二回戦が終わったときに告げると、「で、次の対戦相手は?」と訊かれたとき、名前なんてこれっぽちも思い浮かばず、「スイスの小太りのおっさん(実は26歳らしい、ごめんなさい)」と答えていました。

Nishikori_serve001

よもやそんな小太りのおっさんに負けることはあるまいと思い、明日の準決勝のチケットも勢い余って試合が始まる前に購入しました。

Nishikori_net

そうして、蓋を開けてみると、「おっさん、めちゃくちゃ強い!

第一セットこそは両者ブレイクを許さず、なかなか拮抗した試合でしたが、ワウリンカのバックハンドのストレートがアホみたいに決まります。そして、ファーストサーブもがんがん入れられ、正直為す術ない状態です。

結局、第一セットは取られ、第二セットにいたっては、錦織選手も果敢にネットプレイなどに持ち込みますが、それ以上に「ワウリンカ無双」というような感じで、何もやっても勝てそうにない状態でした。

今日も終盤で圧倒的な強さを見せる「錦織劇場」の再現を序盤こそ期待しましたが、第二セットに入ってからは、「無理だろ」と思うほど相手の調子が良かったです。

Nishikori_ball

ワウリンカ選手は一回戦ではそれほどの強さは感じませんでしたが、今日は別人のようにプレーが切れていました。相手が二回戦のようなビックサーバーだと、サーブの微妙な判定などで自ら崩れていく可能性もありますが、ワウリンカ選手の場合はそんなこともなく、総合力が高く戦い方が非常に安定していました。

今日に限っていえば相手に分配が上がりましたが、世界トップ10を狙う意味ではいい経験になったのではと・・・・・贅沢を言えば決勝まで勝ち進み、世界5位のフェレールとプレーして欲しかったです。

「おい、もう買ったチケットどうすんだよ!」という心の声は無視をして、錦織選手には「お疲れ様」という気持ちでいっぱいです・・・・・ほんとうに(泣)