Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

教育とは何か?:新しい価値を生み出すということ

教育とは何か?

最近、そういうことを考えることがある。

たとえば、現在隣国とちっぽけな島について絶賛紛争中だが、彼らの国では「反日教育」とやらが主流で、「日本を憎め」と学校で教えられるという。

それも自国にとって有用な人間を育てるという観点からは、「あり」な教育かもしれない。

個人の観点から見れば、先入観を植え付けるような教育は、全く持って害だが、国という視点からは有利に働く点は多々あると思う。

そもそも、先入観を持たない人間なんて、この世に存在しえないのだから、誰だって気づかないあいだに、多少の先入観を持ってしまっているはずだ。

言葉を覚えるということはどういうことだろう?

特に違う国の言葉を覚え、それを自由に操れるようになるということは、存在しえないはずの「先入観を持たない人間」になるチャンスが飛躍的に向上すると思う。

例えば、幼い頃から英語を習い、不自由なくなれば、BBCやCNNなどを見て育ち、英語での情報ソースが確保できる。そんな人間に対して、国が強要する愛国教育なんてものは、よほどのことがない限り無力化されるだろう。

教育とは何か?

それは情報を手に入れることだと言えるのかもしれない。

もちろん、それだけでは足りない。その情報は客観的であればあるだけ、その教育の質は高まる。

教育とは何か?

それは手に入れた情報を使って、自分で考え、そこから何かを創造できる人間を育てることだ。情報を受動的に受けているだけの人間は、何も生み出さない。そこから新しい価値を作り出す人は、常にそこから自分で努力し、自分の道を目指す人間だ。

ちっぽけなオンライン英会話スクールかもしれないが、常にそのことを意識して、もっと能動的にそのような場所を提供していきたいと思っている。