Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

マウロくんと僕:Mr. Mauro & I

Mr. Mauro is 23 years old and I'm 38.

Even though, we have such an age difference, we hang out together quite often.

For example, we played tennis twice and he invited everyone to his home and had a blast in last week.

He lives in an area called "Recoleta" in Buenos Aires, that's the place all the wealthy people live. On the other hand, I live in Villa Crespo where all the ordinary....let's say common people live.

He has a Jaguar and usually comes to play tennis by his beloved Jaguar.

Well, I don't even have a driver's licence and he is kind enough to give me a lift every time.

O.K, I have other Argentinian friends who have a car but they never take me to my home....they drop me off in the middle of nowhere. (Hey, I have no harm, I am really thankful to them and appreciate the fact that they take me in their car.)

Mr. Mauro is 23 years old and I'm 38.

Sometimes it makes me think about how things have turned out so differently.

Is there anything that I have and he doesn't ?

He always takes care of others and whenever we go out to have a drink, he is the one who sends everybody home by his car and do not drink much alcohol.

On last Saturday, he had a party and on the same day, he sent us a message via Facebook saying:

"Hi all, I am about to go out and buy staff for tonight, what would you fancy to drink?"

A 23-year-old kid should ask his guests to bring drinks when he has a party at home. Why shouldn't he?

Predictably, he plays tennis much better than I do. Actually, he is a Federer and I'm just somebody who loves to play tennis.

When we play together in doubles, I am the one who stupidly makes mistakes over and over again. But he comforts me with his words saying:

"Yuki, it's not your fault, I should have hit harder and scored it well before."

I repeat, he is 23 years old and I'm 38.

The world seems to have gone too far and I don't even understand why I'm well taken care of.....

Mr. Mauro teaches me many things and makes me realize that we can all learn from no matter how old they are.

3374_10151184067072162_248424665_n( From right to left: Nick from Belgium, Mauro from Argentina, Mike from the United States, and I)

マウロくんと僕

マウロくんは23歳で、僕は38歳だ。

一回り以上も年は違うけど、先週は2回一緒にテニスをし、土曜日の夜にはみんなが彼の家に招待され、夜3時まで飲んだりした。

彼はブエノスアイレスの金持ちが住む高級住宅街レコレータ地区に住み、僕は庶民の人たちがたくさん住むビシャ・クレスポという地区に住んでいる。

マウロくんは愛車ジャガーに乗って、テニスにいつもやってくる。

そして、車どころか免許すら持っていない僕は、いつも彼の車に乗せてもらって、送迎をしてもらっている。

ほかのアルゼンチン人の友だちは、いつも自分が都合のいいところで車から僕を降ろすが、マウロくんはいつも家まで送ってくれる親切な人だ。(別にほかの友だちが悪いと言っているわけではない。普通ならそうするだろうし、送ってもらえるだけでもありがたいと思っている)

マウロくんは23歳で、僕は38歳。

ふと、彼が持っていないもので僕が持っているものはあるのだろうかと考えた。

マウロくんはいつも人に気を使い、一緒に飲みに行ったら自分は飲まないで、車でみんなの送迎までしてくれる出来る男だ。

このあいだも自分の家でパーティーをしたときは、フェースブックで「これからさ、スーパーに今日のために買い出しに行くけど、何か飲みたいものない?ワインとビール、それ以外飲みたいものあったら買ってくるよ」とメーセージを送ってきた。

23歳の独身男性足るもの、招待客に対して「ちゃんと自分の飲み物持ってきてね」と言ってもなんの差し障りもない。

マウロくんは当然のように僕よりも圧倒的にテニスがうまく、全く太刀打ちできない。

ダブルスで同じチームとなり、僕がしょうもないミスしても「ユウキ、気にすることないよ、僕がいけないんだ。僕がきちんと決めておくべきだった」と言ってくれる。

重ねて言うが、マウロくんは23歳で、僕は38歳だ。なぜか彼にいつも慰められている気をするのは気のせいだろうか?

人は年は関係ないと言うが、たしかにそのとおりだ。マウロくんは僕に人は年齢なんて関係なしに、多くのことを教えてくれるということを再認識させてくれた。