読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

フィリピンの台風の被害から、世界を思う。

フィリピンに今年最大の台風が直撃し、フィリピン全土に被害を及ぼしている。

Philippines typhoon’s apocalyptic scale overwhelms rescuers after Haiyan kills 10,000

Philippines_typhoon4

被害が最も大きかったレイテ島では、死者1万人以上にも上る可能性が高い。

毎年のように台風の被害に悩まされているフィリピンだが、今年は台風が来ても、予報や周知が徹底しており、それほどの被害はあまりなかった。しかし、今回は規模が大きすぎた。

ワンズワードの先生のほとんどはマニラ市、および近郊に住んでいるのでそれほどの被害は出なかったが、やはり電気が不通になったりインターネットが繋がらなくなったりと多少の被害はあった。

(レッスンをご予約された会員さまには、ご迷惑おかけして大変申し訳ございませんでした。)

オンライン英会話スクールの多くはセブ島にあるので、多くのスクールが休校となったようだ。

(特にセブ島北部は被害が甚大だったらしい)

日本でオンライン英会話スクールを通じて英語を習っている方々にとっては、「せっかくレッスンを予約したのに、全く迷惑極まりない」という事態なのかもしれない。

ただ先生たちにも多くの家族、親戚があり、そのなかには今回の台風で亡くなった方もいると思う。オンライン英会話スクールは、「ただ英語を教え習う場所」ではなく、スカイプというツールを通して、世界へと通じる場所だ。

たしかに多くのオンライン英会話スクールがレッスンを実施出来ずに、そのことに関してはオンライン英会話スクールの経営者として、重い責任を感じている。

しかし、このような悲劇を通して、他国の人への思いやりと、自分たちの世界から想像も出来ない世界があることも理解してもらえればと思う。

311では世界中から日本へと支援が集まったように、今回の台風では世界からフィリピンへと続々と支援が届いている。

きっとオンライン英会話スクールを始める前は、フィリピンは近くて遠い国だったと思う。フィリピンについて知っていることなんて限られていただろう。でも、今は違うはずだ。

英語というツールを身につけて世界を旅すれば、世界はもっと近く、親しみ深いものになる。世界になんらかの悲劇があれば、実際に会ったその国の人たちが思い浮かぶ。

きっとそういう経験を通じて世界はもっと平和になり、豊かになる。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ