読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

ワンズワード:口コミで絶大な評価のフィリピンの語学学校CNE1と業務提携のお知らせ

フィリピンの首都マニラからバスで4時間、マンゴツリーに囲まれた語学学校CNE1と提携した。

Isaka×Matsuoka (左がCNE1の共同経営者の井坂氏だ。マンゴツリーのジャングルから木を切り倒して作った学校の前でのツーショット)

オンライン英会話スクールとリアルの語学学校という異色のコラボだ。

オンライン英会話スクールが語学学校を経営しているケースはあるが、独立したオンラインでのスクールとリアルのスクールが提携するのは、業界初の試みだ。

事の経緯はCNE1の共同経営者である井坂さんが普段ツイッターで色々な情報、また英語教育に対して熱いコメントを呟いており、以前からとても興味があったので、前回フィリピンに行った際に学校を見学させていただいた。

そうして思った以上にお互いに意気投合し、初対面にも関わらず男二人で12時間も語り合い、業務提携へと話が発展していった。

そして今回、再びCNE1をJOY先生を伴って再訪をし、CNE1の先生方、さらにほかの経営陣と一緒にミーティングをし、正式に提携が決定した。

CNE1_01 ver2

CNE1は井坂さんのツイッターを中心としたソーシャルメディアでのマーケティング、そして卒業生による口コミのみで業績を伸ばしてきた学校だ。その経緯はとてもワンズワードと似通っている。

既存の顧客を大事にし、その顧客が自らその口コミによってほかの生徒を呼び寄せるという素晴らしいマーケティング戦略を実践している学校である。

またターラックというフィリピンの非常に貧しい地域に位置し、その地元で生まれ育った先生たちを優先的に雇用し、彼らを徹底的に研修して先生として採用している。それはワンズワードの企業理念に揚げているソーシャルビジネスの概念である「社会的問題の解決」に合致している。

今後はCNE1の先生もワンズワードに参加しCNE1の卒業生対象に英語を教え、時期を見て弊社の生徒様にもCNE1の先生たちのレッスンを受講可能にしていく予定だ。

そうして、お互いのHPでも紹介し合い、関係を強化していくつもりだ。

弊社からCNE1へ留学する生徒様もいるだろうし、CNE1の卒業生にもワンズワードを紹介してもらい、お互いのシナジー効果によって生徒様にもこの両社の業務提携で最大限の利益を享受していただきたい。

自分個人にとっても井坂さんのような尊敬できる経営者との出会いはとても大切だ。お互いに刺激を与え合って、閉鎖的な日本の英語教育界を変えていきたいと思っている。

これからもこのような試みを増やして、生徒様により良い英語学習環境を提案していきたい。

cne1_onesword2