Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

プラヤ・デル・カルメン:メキシコのリゾートでしばしの休息

カンクーンは世界的に有名な観光地だ。 しかし、メキシコ人にはすこぶる評判が悪い。

「高いだけ、アメリカみたい、行く価値がない」など散々な評判だ。 だが、そこから50キロ離れたところにあるプラヤ・デル・カルメンの評判はいい。

[caption id="attachment_8493" align="alignnone" width="900"]プラヤ・デル・カルメン

メキシコシティから往復で2万円ちょっとの格安航空券で来たので、カンクーンには夜9時に着いた。だから最初はカンクーンに2,3泊はするつもりだったが、たまたま知り合いだった人のお姉さんがプラヤ・デル・カルメンに住んでいるということで部屋を間借りすることにした。

プラヤ・デル・カルメン(ちなみに観光業にも従事しているらしく、時々知り合いに部屋を貸しているらしい。一泊3000円なり・・・・安いぜ!持つべきものは友だ)

同じカリブ海のリゾート地であるコロンビアのカルタヘナにも行ったが、リゾート地としての完成度ではプラヤ・デル・カルメンが圧倒的に高い。たしかにメキシコ人が絶賛するだけあって、安全だし、規模感がちょうどいい。

プラヤ・デル・カルメンのナイトライフ (夜、ぶらぶら歩いていたらクラブが乱立しているところに遭遇した。なんか熱い場所だ、プラヤ・デル・カルメン・・・・・)

メキシコシティは雨季に突入しており毎日天気が悪いが、プラヤ・デル・カルメンは一応雨季らしいが天気は今のところいい。たしかに湿気はすごいが、それでも東京の夏に比べれば天国だ。

2年も住んだアルゼンチンではほとんど国内旅行はしなかったが、メキシコではもっと色々と見て回りたい。考えてもみればいつまでもメキシコシティ一箇所に滞在する必要性もない。ふらっとプラヤ・デル・カルメンに一部屋借りて住むことも出来るわけだ。

オアハカ、ケレタロ、それにプラヤ・デル・カルメンとまだ三箇所しか行っていないが国自体が観光業に力を入れているのがよく分かる。メキシコではプエブロ・マヒコといって、メキシコ全土で80箇所ぐらいのところが国の認定を受けて、「特別に素晴らしいところ」という形で観光客を集客しようとしている。

メキシコ版世界遺産みたいな感じだろうか。

やはり国自体に勢いがあるところは違う。 アルゼンチンではブエノスアイレス以外の地方都市に、それほどまでに観光業に力を入れて、お金をかけて投資しているところはあるのだろうか・・・・パタゴニアはすごいと聞くがまだ行ったことがないので、なんとも言えない。

ちなみにプラヤ・デル・カルメンのレストランでは多くのアルゼンチン人が働いており、その独特の訛りですぐ分かる。そして、やはりブエノスアイレスのときと同じように愛想は悪い・・・・アルゼンチン人よ、もっと頑張ってくれ。

今日はこれから日本対コートジボワールという大事な試合が控えているので、プラヤ・デル・カルメンのスポーツバーに行って観戦予定だ。4年前のワールドカップでは、渋谷のバーで友人たちと観戦したが、まさか4年後にカリブ海のバーでワールドカップを観戦していることになるとは思ってもみなかった。

人生七転び八起きだな・・・・違うか。