Keep My Word

英語、スペイン語、日本語のトリリンガル&語学マニアが講じてオンライン外国語スクールを2009年より運営。旅とタンゴをこよなく愛する。最先端の心と体の健康づくり→量子デバイスCS60施術士&二つの会社の社長。

楽トレについて熱く語ってみようと思う。

以前ブログで楽トレを紹介した。

 

cs60meguro.hatenablog.com

 

楽トレの仕組みを図にすると下記になる。

(転載元:楽トレとは | 【公式】楽トレ.jp 日米特許取得の複合高周波EMSでインナーマッスルを強化、ダイエットと健康増進 )

f:id:photo0827:20190130153800p:plain

インナーマッスルを鍛えるのは至難の技だ。

 

ピラティスやヨガで2、3年やってつくインナーマッスルが楽トレだと20回程度、週2回で3ヶ月通えば付くと言われている。さらに30分の楽トレで腹筋9000回の効果があるらしい。

 

まあ、怪しい。

 

と思ったがとりあえずは続けてみることにして、すでに24回通って3ヶ月経った。そして、その効果は?

 

いやー、マジこれスゴイ。

 

お腹の部分がすごく引き締まり、タンゴを踊っていても軸が安定するのを感じられる。ついこの間などは、よく普段から一緒にタンゴを踊っている女性から「めちゃくちゃ体鍛えている?なんかすごく強くなった!」と驚かれた。(もちろんきちんと「毎日めちゃくちゃ筋トレしている!」と答えておいた。)

 

自分で体験して、これは本当に効果があると思う。

 

だが、しかし!

 

楽トレとは名ばかりで、パッチを付けてもらって楽トレを行う30分間は、ただひたすら苦痛だ。CS60ほどの激痛ではないが、苦痛は苦痛だ。そして週二回行って、それを最低限2ヶ月やらないとその効果を実感できない。

 

自分のようにより良いタンゴを踊るために体幹を鍛えたいからとか、何か具体的な目標設定がないと、とてもではないが続けられない。

 

また電気の強さのレベル設定が1から30まであるのだが、それが常にあげられていき、そのレベルに慣れた頃にまたあげられるので、一生慣れることはない。レベル30までは1ヶ月半から2ヶ月経った頃に到達したが、それからもずっと苦痛だ。(ちなみに通っている整骨院では、レベル30に到達したのは自分だけらしい・・・・そして、それから院長が後に続いた。(笑))

 

ドMとか、タンゴバカとか、cs60よりも軽度の痛みで体をよくしたい人にはオススメだ。20回程度は通わないと意味がないので、最低でもそれだけの時間とお金をかけられる人だけにオススメする。

 

自宅近所か勤務先の近所にある整骨院ではないと、続けられないと自信を持って言えます。CS60のように即効性があればまだしも、最初の10回20回はただ苦痛なだけなので、「あら、今日はお天気がいいから楽トレでも行こうかしら?」などという気分になることは絶対ない。

 

楽トレに行くときはいつもバックミュージックはドナドナだ。

 

youtu.be

 

ちなみに通っている整骨院は下記です。

 

kokokara-meguro.com

 

CS60目黒よりほど近いので、CS60の施術を受けた後、ぜひ行ってみてください!