Keep My Word

英語、スペイン語、日本語のトリリンガル&語学マニアが講じてオンライン外国語スクールを2009年より運営。旅とタンゴをこよなく愛する。最先端の心と体の健康づくり→量子デバイスCS60施術士&二つの会社の社長。

量子医療と代替医療のはざまに:高城剛氏の講演

2019年12月19日に開催された高城剛メルマガ読者のイベントに参加してきた。

 

3千年以上も歴史のあるアユルヴェーダの話から始まり、最新の医療、波動治療、それに量子医療であるCS60がスライドを交えて紹介された。

 

f:id:photo0827:20191227142302j:plain

 

そもそも量子力学とは何かから理解しないといけない。

 

persol-tech-s.co.jp

 

ヨッピーの記事がわかりやすいので紹介しておく。 下記がその記事の引用だ。

 

「量子は、観測すると挙動が変わるんですよ。我々が見ていない所だと『波』としてふるまっていたのに、我々が見ちゃうと量子は『あ、今見られてる』ってことに気付いて、とたんに『粒』として振る舞い始めるんです」

 

量子の上記の特性に高城氏は絡めて、CS60を量子デバイスと呼んでいる。またCS60で施術しても治る人と治らない人がいると指摘し、おそらくそれは受ける側の意識に関係があるのではと推測していた。

 

ただ、個人的にこれは施術する側の意識にも大きく左右されると思う。施術する側が強烈に「治したい」と思っている場合と、「治るわけない」と思っている場合とでは自ずと結果は変わってくるはずだ。

 

そして高城氏は英語の意識の語源は良心と同じと説き、だからみんな良心を持って生きていけば世の中はより良い方向に向かっていくと説いていた。来年の1月には高城氏が西村先生と一緒に世界中を回って、その施術風景を撮影したCS60のフォトブックが発売される。西村先生が世界をどのように多少なりとも変えたか見れる貴重なフォトブックだ。

 

良心・・・・・悪意がある人が多い世の中だし、自分だって知らず知らずのうちに人に迷惑をかけてしまうこの世の中だ。量子コンピューター、5G、ドローン、自動運転など次々と新しい技術は生まれてくる。でも、それら自体がこの世界を変えることはない。

 

この世界をいい方向に変えるのも悪い方向に変えるのも、それらの最新のテクノロジーを使う我々にかかっている。一人のCS60の使い手としても、そのことを強く自覚している。

 

だからこそ、良心を持って施術をし、良心を持って生きていくことがとても大事なのだろう。