Keep My Word

英語、スペイン語、日本語のトリリンガル&語学マニアが講じてオンライン外国語スクールを2009年より運営。旅とタンゴをこよなく愛する。最先端の心と体の健康づくり→量子デバイスCS60施術士&二つの会社の社長。

CS60最新バージョンとCS60側の全面勝訴について

f:id:photo0827:20210430150930j:plain

CS60の最新バージョンを昨日、西村先生から拝受しました。これはビジネスプロバージョンというもので、サロンを開設している施術者のみ申請できるバージョンです。

また、まだ全国で4人しか所持していないので、最新バージョンのCS60で施術を受けたいという方はぜひ目黒までお越しください。(写真下が最新バージョンです。)

 

今日から全てのお客様にはこちらの最新バージョンで施術させていただきます。今日1日使ったところ、「深い、早い、前よりは痛くない。」と良いこと尽くしです。

 

西村先生いわく、「叩いた方が早い!」ということでしたので、催眠でぐっすり眠っているお客様にも優しく叩いて、それから擦っても全く起きずに熟睡されていました。

 

催眠中は刺す深さが浅かろうが関係ないのかもしれないが、こちらの手応えはかなり違うので、これからの施術がとても楽しみだ。

 

そして、ネオヒーラー!

 

かねてから多くのお客様にこの類似品についてよく訊かれ、更にあちらの会社は特許を取得しているのだから、「あっちが本物?」と訊かれたりしたものだ。

 

しかし、今回の裁判で、CS60が全面的に勝訴したことにより、ようやく白黒決着が着いた。

 

www.cs60.com

尚、この裁判を通して、インテンション株式会社の特許第5851923号には、同社のウエブサイトで強調されている、マイクロカレントを生み出す「世界初の特殊半導体」が、一切利用されていない事実が判明しました。


 また、マイクロカレントを空中に放出するアースの存在も確認できませんでした。

 

とのことだが、「では、ネオヒーラーとは一体なんなのか?」と思うが、詳しい経緯を知っている身として、ここはあえて口を閉ざしておいた方がいいだろう。

 

ネオヒーラーは売り切りのビジネスモデルで、CS60は月額課金型のサブスクモデルだ。これには西村先生の深い思いがある。

 

CS60はとても扱いの難しい器具なので、売ってしまうとそのままになって、多くの健康器具と同じように結局埃を被って放置されてしまう。

 

よって、あえてレンタル契約にして、研修を受けないと所持できないようにし、今は初期研修が終わった後も定期的な研修を受けられるようにしているとのことだ。

 

しかし、自分自分にしか使えないCS60パーソナルには研修がないが・・・・そこは大人の事情があるか知らないが、そういうツッコミが満載なのが西村先生なのだろう。

 

ネオヒーラーが売り切りで更にCS60の4分の1程度の値段で購入可能なのに対して、CS60は高額かつ月額課金1万円だ。それを受けて、「西村先生って、お金に汚いらしいですね。」と仰ったお客様がいらしたことがある。あまりのことで大ウケしてしまい、その後早速西村先生に報告して、「お金に汚い西村先生」と世間に広めておきますと冗談で言ったことがある。

 

西村先生を個人的に知っている方々はご存知かと思うが、西村先生ほどお金に無頓着な人は会ったことがない。だからこそ、隙をつかれて今回のような裁判沙汰までになってしまうのだが、それも今となってはご愛嬌だろう。

 

長い間燻っていた特許問題も解決したので、ここからCS60の快進撃が始まるのかもしれない。それに貢献できるよう今後もたくさん勉強して、施術の精度をあげていければと思っている。