Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

日本初!大学にスカイプを使ったオンライン英会話レッスンを提供! オンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」

昨日、タイトルにあるプレスリリースをリリースした。詳細はこちらをクリックしてください。

今後、大学でスカイプを使ったオンライン英会話が普及するかどうかは未知数だが、その先駆けとなれたことはとても誇りに思っている。流通科学大学の先生方には大変感謝しています。

今後、大学でオンライン英会話が普及させるためには下記ような課題があると認識している。

1.守るべき情報を持っていない大学内のPC教室における無駄なセキュリティ意識のせいで非常に使いにくいPC環境が出来上がっている。

2.一部を除いた大学教員のITリテラシーの欠如。ディスクトップやフォルダといった単語すら知らず、スカイプなんてものはまだドラえもんの世界の出来事だと思っている人が圧倒的多数。

3.「業者、業者」と言って外部の企業を馬鹿にしている教員や関係者が多いが、上記のようなITリテラシーの欠如によって、その馬鹿にしている企業にいいように喰い物にされていることに気づいていない。

4.大学のシステム管理者の語学教師への非協力的態度。

5.企業側の英語教育における意識の低さ、また理解力のなさ。売ればいいだけと思っており、教育理念のかけらもない。(例:事業仕分けの標的にされた電子黒板。iPadを数十台買える金額がする割に、なんの効果も望めない)

遠いな・・・・・・普及の道。

ただよく考えてみるとすべては人為的要因によるものなので、流通科学大学のように優秀な先生方が協力的な態度を取っていただければ、一気に解決出来る。

果報は寝て待てと言うので、ここは釣り人のように気長にそのような環境が整っている大学からの引きを待っているほうが得策かもしれない。地方の大学から「ちょっとデモに来て」と言われても、それだけで利益が吹っ飛ぶくらいの薄利しかないオンライン英会話スクールがほとんどだろうし。

金融とかに興味を持ってヒルズに住みたかった・・・・・・教育なんて金にならないビジネスを始めてしまったのが運の尽きなので、ここは地道にビジネスを展開していくしかないだろう。

日本の英語教育を変えたい!

なんてことはこれっぽっちも思わないが、本気で英語をマスターしたいと思っている人にとって、最も効率よく学習できる環境を提供していきたいとは思っている。