Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

あっという間の3年でした:ワンズワード3周年

もう3年か・・・・奇しくも世界が終わると噂された2012年12月21日にオンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」は無事3周年を迎えることが出来た。

隕石も落ちず、大災害も起きず、世界が破滅する危険も通り過ぎ去り、そして会社も無事4年目に突入することが出来、何よりだと思う。

NPO法人 起業家ホットライン

上記によると3年以内には7割近く倒産するらしいので、4年目を無事迎えることが出来たことは素直に嬉しい。だけど、実感としては「べつに」という感慨しかない。当たり前のことを当たり前のようにやってきただけだ。

たぶん3年ぐらいはそれでもいいのだと思う。しかし、今後は熾烈な競争を勝ち抜くために、それ以上のことをやっていかないと生き残っていけないだろう・・・・そうして、焦った経営者が本事業と関係のない不動産やなんやに手を出して、失敗するのだろうなと他人ごとのように思う。

うちのWEBサイトに関しては、ここ3年継続的に改良してきて、かなり使いやすくなってきたと思う。インターフェースの部分もそうだが、内部のオペレーションも随分と改善された。開業当初は人力でまかなっていたことも今はかなり自動化されてきている。

この業種においてはミドルマネジメントは悪だと思う。なるべく「中の人」を削減し、実際に働いている先生たちに還元するべきだ。そのための仕組みはこの3年間である程度作った。相変わらず雨後の竹の子ように乱立しているオンライン英会話スクールだが、その9割は格安オンライン英会話であり、またマーケットの主役も彼らだ。

ワンズワードは「知る人ぞ知る超優良スクール」的な立ち位置を目指し、今でもそこを目指して頑張っている。幸いにもネットリテラシーが高く英語学習に非常に熱心かつ真剣な方々に支えられて、ここまでやってこれた。大変ありがたいことだと思っている。

だけど、今までと同じことをやっていっても自分的につまらないし、生き残ることもままならない。もちろん、今のポリシーはそのままにより長く継続していける方法を来年考え、打ち出していきたい。

ひとつ言えることは来年は、今年以上に色々とあり、波瀾万丈な年となるだろう。それが起業の醍醐味だし、そういう人生けっこう好きだったりするわけだけど。

個人的な計画としては来年4月ぐらいからヨーロッパに行き、そして5月には日本、アジアと周り、7月にはアメリカのポートランドで「World Domination Summit」なるものに参加して、その足で中南米を回る予定だ。

もちろん、予定は未定なので、まだどうなるか分からない。だが仕事はスカイプとメールが出来ればどこでも出来るので、来年はからはもっと自由に世界を自由に飛びまわりたいと思っている。

2012年は自分にとってはそれほど変化が大きな年ではなかったけど、来年はもっと色々な人たちと出会い、成長していきたい。それが今から楽しみでしょうがない。

【お知らせ】3周年を記念して、ワンズワードの先生たちが自主的に先生ブログを立ちあげました。

http://oneswordonline.wordpress.com/

ぜひ今後チェックしてください!