Keep My Word

英語、スペイン語、日本語のトリリンガル&語学マニアが講じてオンライン外国語スクールを2009年より運営。旅とタンゴをこよなく愛する。最先端の心と体の健康づくり→量子デバイスCS60施術士&二つの会社の社長。

クロユリ団地と「来る」

クロユリ団地を見た。

 

元はといえば、下記の動画を見たからだ。(ネタバレ満載なので、本当はクロユリ団地を見てから、見るべき動画だけど。)

 

巷で話題のシークエンスはやともさんいう霊感芸人の動画だ。「心霊とは?」とはという視点で見れば、傑作映画ということだったので、そういう視点で見ると確かに納得がいく。

 

大好きな中島哲也監督の「来る」も傑作だった。映画的には断然、こちらの方が面白いと思ったけど、中島監督が言うように祈祷エンターテイメントとして完成度が高かったので、「心霊とは?」という視点ではクロユリ団地に分があるかもしれない。

人の闇につけ込み、土足で入ってくる霊たち。結局のところ、御祓などに頼るのではなく、自分自身の問題に真正面に取り組むしか解決策はないのかもしれない。

 

結局、幽霊やなんやかんやって、ごくごく日常の延長線上にあるものだが、明るく楽しくポジティブに生きている限り、決して近寄ってこないのだろう。

 

そういえば、イギリス人の友人が以前「仄暗い水の底から」を絶賛していて、自分も「マジ怖い、そして深い。」と思った映画だった。

そしたら、シークエンスはやともさんが日本ホラー映画史上最高傑作として、紹介していた。確かに、あらゆる意味で怖い映画だ。

 

秋の夜長にどうぞ日本ホラー映画を存分に楽しんでください。