Keep My Word

英語、スペイン語、日本語のトリリンガル&語学マニアが講じてオンライン外国語スクールを2009年より運営。旅とタンゴをこよなく愛する。最先端の心と体の健康づくり→量子デバイスCS60施術士&二つの会社の社長。

全ては細胞のなせるワザ!

この間、武蔵小山のお店で研修会を開いた。それはそれで自分にも学びがある会だったのだが、「リラックスCS60」を1回だけ受けて研修会に参加した男性がいた。

 

www.cs60meguro.com

本来のCS60は地獄の痛みなのだが、ヒプノセラピーを使った「リラックスCS60」では気持ちがいいと言う人もいるぐらい痛みが軽減される。西村先生も自分自身も、痛みが出た方が自分の体の状態を自覚できるからいいとは思っている。

 

しかし!

 

あまりにも痛いのは、正直どうかと思ってはいる。そこでヒプノセラピーを取り入れて、痛みを軽減、もしくはゼロ、さらには気持ちよくまで高めてしまうというコンセプトの施術が「リラックスCS60」だ。

 

研修会に参加された男性はヒプノセラピーがすっかりハマり、痛みゼロだったので、てっきり自分は健康だったと思ったらしい。しかし、普通にCS60の施術を受けて「過去いち痛かった」とおっしゃっていた。(過去いち痛いって、今までの人生で一番痛いということか・・・・)

 

そんなことがあったので、正直、「リラックスCS60」って、どうなのかと思った。やはり、ここは痛みを出して、自分の健康状態を把握した方がいいのではと一瞬、思った。

 

そんなところに、先週60代の兄妹にお越しいただいた。彼らは今まで通っていた整体の施術が激痛で、それが精神的な苦痛となったので他の施術を探してCS60目黒に行き着いたとのことだ。

 

激痛整体はそれなりに効果があったので通っていたとのことだったが、それでもやはり痛すぎて、もう本当に嫌気がさしたとのことだ。(ヒプノセラピーがない頃のCS60目黒もきっとこういうお客様をたくさん抱えていたことだろう・・・・)

 

そこで彼らにヒプノセラピーを施してからCS60の施術をすると、痛みはほぼゼロで、お兄さまの方はうとうとしながら気持ちよさそうに施術を受けていただいた。1週間経ってからお越しいただいたが、お兄様は長年悩まされていた蓄膿症が治り、妹様は顔面痙攣が治ったとのことだ。(他にも腰痛、肩こり、股関節痛などあったが、それは施術直後によくなった。)

 

我ながら、奇跡か・・・・・と。

いくらなんでも治りすぎではないかと・・・・

 

でも、やはりこういうことがあると、多くの症状は心因性のものなのかもしれない。以前、紹介した夏樹静子さんではないけど、「治りたい!」と思って施術者、あるいは治療家が「いいきっかけ」を与えると癒しが訪れるのだろう。

 

keepmyword.hatenablog.com

 

西村先生もよく「細胞の力はすごい!」はおっしゃるが、ある意味、人間の力ってすごい。夏樹さんみたいに3年間もいわば仮病で苦しむこともできるし、一瞬で癒しが訪れることもある。

 

全ては人間のやる気次第、あるいは細胞のやる気次第なのだろう。