Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

英語なんて話せなくてもいいじゃん。

時々、思う。

結局のところ、英語を学ぶ目的を明確化しない限りは、英語を習得することは出来ないのではと。「目的を明確化」・・・・・それは人生のあらゆる目標を達成するためにも必要なことだ。

「仕事のため」に英語を学ぶ必要がある人は多いと思う。しかし、もっと具体的に「あのアメリカの企業と契約するためには、これこれこういう類の英語を話す必要がある」「自分の社内のプレゼンスを上げるためには、自社の技術に特化した英語を学ぶ必要がある」など目標をブレイクダウンする作業がとても重要だ。

ビジネス英語は簡単だ。自分の仕事で使用する語彙をあらかじめ調べて、丸暗記し、英文法に則って話せばいい。ビジネスで使う英語なんて、極論すればグーグル翻訳を使って、e-mailで済ませれるようにすれば、事足りるのではと思う。

仕事で英語を使う必要があるので、嫌々英語を学んでいる人は多いと思う。そういう人は英語を学ぶ前に自分の環境を整理したほうがいいと思う。やる気がないのに、英語習得を目指すのなんて時間の無駄だ。英語を学ぶこと自体が苦痛で仕方がないのに、その目的の明確化なんて出来やしない。

「そもそも英語なんて学ぶ必要があるのか?」ともう一度、自分自身に問い質して欲しい。e-mail と翻訳ソフト、それにそこそこ英語が出来る人間(社内、社外問わず)の協力を得れば、嫌いな英語を学ぶ必要はないかもしれない。

僕は成果の出ない努力は嫌いだ。そして、そのようなことをしている人たちをとても気の毒に思う。また最も嫌悪するのは、「成果が出ないと分かっているのに、そのようなことを薦める人」たちだ。

英語を学ぶのが嫌なら、学ぶ必要はない。人生にはもっと有意義なこともあるし、別に英語が話せなくても日本に住んでいる限り、まったく問題ない。

最近の「英語、英語、英語」という風潮は、不幸な人たちを大量生産するだけだと思う。英語、ひいては外国語を学ぶのがイヤならば、それはそれで仕方がない。実際、相当な時間をかけないと、習得出来ないのだから、だったらもっと自分が好きなことに時間を費やしたほうが身のためだ。

英語なんて話せなくても楽しく生きていけるし、ほかにももっと楽しいことはある・・・・・・あと10年くらいはね、と思っている。