読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

最強のマイレージカード:タヒチに向けて

メキシコはクレジットカード社会だ。

コンビニでもスタバでもクレジットカードを使う。

だから、自分が持っているクレジットカードを見直してみた。

Screen_shot_20140305_at_124401_am

今までは「MileagePlus MUFGカード」を使っていた。特徴は、クレジットカードを使用ごとにマイルの有効期限が18ヶ月延長されるので、実質無期限に延長出来る。

公共料金の支払いをこのカードに指定すれば、あとはほっておいてもマイルが貯まるわけだ。さらにユナイテッド航空はなぜかオセアニア方面の特典旅行のマイル数がほかと較べて極端に低い。

Screen_shot_20140305_at_125350_am

(詳細はこちらから)

憧れのタヒチに行くのに、1マイル100円換算だと、250万円で往復出来る。すべての買い物をこのクレジットカードにすれば、年に一回タヒチに無料で行くことも可能だ。

しかし上には上がいる。

Screen_shot_20140305_at_125939_am

MileagePlus MUFGカード ゴールドプレステージ Visa」というカードだ。年会費15750円というなかなかアグレッシブなカードだ。今どき、年会費無料のクレジットカードが当たり前なのに、これだけ見るとなんの価値もないカードだ。

なんと、これ「楽PAY」というリボ払いに登録すると、マイルが2倍になる。国内のショッピングで100円2マイル、海外だとなんと100円で3マイルだ。

むかし、うちの母親がネットワークビジネスに引っかかり、勧誘の人に「リボ払いは手数料かかりませんから!」と言われて、100万円ほどつぎ込んだことがあるが、リボ払いは年利15%かかる。

(ちなみにそのあと説得して、全部返品、返金させた。マジ、辞めて欲しい)

だが、この楽PAYは初回の支払い以降が、リボ払いになるというものだ。初回の支払い限度額を10万円に設定しておけば、毎月の支払いがそれ以内であれば、支払いは一回で済むので、金利は一切かからない。さらにそれ以上超えても、クレジットカード会社に電話をして、繰り上げ決済をしてしまえば金利もかからず、マイルは2倍のままだ。

国内利用であれば、タヒチには年間125万円使えば行けてしまう。ついでに言うと海外利用であれば、80万ちょい使えば、年に一回はタヒチ旅行という豪勢な人生が待っている。

(ちなみにビジネスクラスでも、国内利用であれば300万円で行けます。さらにユナイテッド航空だと、エコノミープラスというクラスがあるので、1万から2万程度を特典旅行予約時に払えば、エコノミーの特典旅行でも快適な旅が約束されています)

メキシコだと往復70000マイルかかるので、海外利用でマイルが倍になっても230万円ちょっと使用する必要がある。考えようによっては、メキシコまでは往復のチケットを普通に買って、毎年ちょいちょいタヒチに行くのがベストのような気もする・・・・・

海外在住者はマストに持っていたいカードだし、日本に住んでいても家族カードは年会費無料なので、家族でマイルを貯めて、年に一回タヒチに行きたい人はうってつけのカードだろう。

LLCが全盛の世の中なので、いちいち自分のクレジットカードが提携している航空会社を指定するのも、面倒だし、割高な場合が多い。これらのクレジットカードを一つ持って、支払いをクレジットカードで済ますだけでマイレージが貯まっていくほうが楽だ。

タヒチ・・・・・・

来年はタヒチにただで行けるかもしれないと思うと、今日の仕事も捗るというものだ。