Keep My Word

英語、スペイン語、日本語のトリリンガル&語学マニアが講じてオンライン外国語スクールを2009年より運営。旅とタンゴをこよなく愛する。最先端の心と体の健康づくり→量子デバイスCS60施術士&二つの会社の社長。

2019年を迎えるにあたって:cs60目黒

もうすぐ2018年が終わろうとしている。

去年の今頃、「来年はあなたは金属の球を握って、アルゼンチンタンゴスタジオで様々な人を治療しているでしょう。」と占い師に言われたら、気が狂っていると思っただろう。

 

なんだか、人生色々あるな。

 

cs60と出会い、自分自身の体のアプローチ方法もかなり改善し、またお金を払って施術を受けに来てくれる人たちのために人体への知見を増やすことができたことは大きな収穫だった。

 

(その過程で食べないで済む人たちがいることも知ったし・・・・そして朝食をとらない半日断食を自分でも実践するようになった。)

  

開発者である西村先生は「cs60の施術において痛みが重要なのは、痛みを感じることにより脳が指令を送って、体の悪い箇所を治せという指令を送るから。」と説明していた。それによって飛躍的に自己治癒能力を高めることができるという仕組みだ。

 

断食も同じように体に飢えを与えることにより、体が危機感を覚えて免疫力と自己治癒能力を高める効果がある。

 

www.youtube.com

(ロシアやドイツでは保険が適用される治療として国を挙げて断食療法を推進している。)

 

体のメカニズムを知れば、cs60の効果も納得できるようになる。

 

「食べることを、やめました」の著者の森さんの体を多くの研究者が検査したが、結論としては現代栄養学では全く説明がつかないとのことだ。

 

もしかしたら、そもそも現代栄養学自体が根本的に間違っている可能性もあるわけだ。(もちろん、全てとは言わないし、世のため人のために役立っていることも多くある。)

 

これからcs60が世に広まるかどうかは未知数だが、今年の5月からcs60での治療を始めてのべ350人の方々がお越しになられた。(最初は一人で始めたが、今では4名の施術者を雇用している。)

 

その経験からcs60の効果は絶大と言えるし、多くの成果が上がってとても嬉しく思っている。つい先日も、右耳が聞こえなくなる突発性難聴の治療でお越しになられた方が半年ぶりにお越しになったが、そのあいだ耳は問題なく聞こえていたとのことだ。

 

これから自分自身も人体への知見を増やし、cs60を使って様々なアプローチをして、多くの病や怪我を根本的に治癒していけたらと願っている。(最終的に治癒をするのは患者さん自身だが、その手助けを最大限行なっていきたい。)