Keep My Word

英語、スペイン語、日本語のトリリンガル&語学マニアが講じてオンライン外国語スクールを2009年より運営。旅とタンゴをこよなく愛する。最先端の心と体の健康づくり→量子デバイスCS60施術士&二つの会社の社長。

元旦の寸劇と岩井温泉について

今年の元旦に両親の家に行ったら高一になる姪っ子が足を複雑骨折してびっこを引いていた。骨折したのは1ヶ月以上も前だったし、これくらいはいけるだろうと治してあげた。

 

今までびっこを引いて歩いていた姉が普通に歩けるようになったのを見た6歳の姪っ子が「なゆうも!(姪の名前はなゆう」」と言ったので、「なゆうちゃん、別にどこも痛くないじゃん」と言ったら急に手で首を押さえて「イテテ、イテテ」とやり出した。元旦からそんな寸劇を繰り広げた2023年。

 

 

1月2日には新幹線で新大阪に移動して、チームラボによるイベントを見に行った。

 

www.teamlab.art

翌、1月3日には新大阪から車をレンタルして、鳥取の岩井温泉まで行った。大阪人の運転は荒いと聞いていたので、それに対してブルっていたが、このブログを読んでさらに恐怖に慄いた。

inuiyasutaka.net

大阪が修羅の国って・・・・さらに下記引用を読むと恐怖しか湧いてこない。

 

・歩行者は突然、飛び出てくる。

・前の車は急停車する、急に曲がる。

・周囲の車はこちらの存在を知らないか、まったく気にかけていない。

・カーブでは必ず、対向車がはみ出してくるか、カーブの出口に車が止まっていたり、Uターンしている。

 

教習所では車の運転は「譲り合いの精神」が大事だと教わるが、大阪だとそれだと事故るらしい。運転初心者にはハードルが高すぎるが、正月だったので交通量が少なくなんの問題もなかった。

 

それよりもビギナードライバーの自分にとって山陰道が危なかった。トンネルが30、40も続いているのだ。もはやなんかのアトラクションのように「夢の中へ、夢の中へ」と誘われ、気が気ではなかった。

 

そんな苦労をしながら、ようやく辿り着いた岩井温泉の岩井屋。

iwaiya.jp

料理も温泉も最高でした。2023年初っ端から歴代最高ではないかと思うぐらいのいい宿でした。しかし、山陰道をまた車で通る気がしないので、次回は飛行機で行くことにします。

 

まだ免許を取って1ヶ月弱だが、もはやトンネルマスターと思えるぐらいのトンネルを山陰道のおかげで経験した。今週も生まれて初めて海ほたるまでドライブしたが、あの程度のトンネルではもはや余裕となった。

 

順調にドライビングスキルを磨いているが、まだまだ経験不足なので、安全運転命です。施術に関しても2023年は去年よりもさらに多くの変化が期待できそうで今から楽しみだ。

 

2023年もよろしくお願いします。