Keep My Word

19歳から旅を始めて、スコットランドで英語を学び、アルゼンチンでスペイン語とタンゴを学び、メキシコではサルサをかじり、オンライン英会話/スペイン語スクールを運営している男のブログです。海外滞在歴10年、50カ国ほどぶらぶらしました。

スペイン語 の検索結果:

3ヶ月で完全英語マスター!:国語スイッチの重要性について

…それが英語だったのかスペイン語だったのか、思い出せなかった・・・・ wired.jp それで以前読んだ上記記事を思い出した。自分の頭の中には「スペイン語スイッチ」「英語スイッチ」「日本語スイッチ」が存在し、使う言語でいちいちスイッチを切り替えている。だが、実際に認識している言語の意味自体は同じだ。 日本語では「洗濯機」、英語では「washing machine」、スペイン語では「lavadora」と言い方は違うがどれも同じモノを表している。だから、昨日読んだメールの文章は脳は…

人生なんて「やるか」「やらないか」でなく、やってから決めれば、1択しかないという身も蓋もない話

…なんだかいつのまにかスペイン語なんかも教えているし、ずっと日本に住むのだろうなと思っていたけど、最果ての地ブエノスアイレスやメキシコなんかに住んじゃったり、世界一周したり、さらに新しい事業なんかも立ち上げてと、自分でも予想外な展開だ。 connect.oneswordonline.com 最近、色々と心境の変化があり、とにかく「人の役に立つこと」「人と絡むこと」を念頭に行動し始めるようにしている。以前は、頭でシュミレーションして、損得勘定を入れながら、「自分が実際にやって楽し…

Milonga in Tokyo and Japan 2017!

…ものがあります。 地道にやるしかありませんね。 東京のミロンガ、それにタンゴスクールは世界有数であり、ブエノスアイレスに住んでいた自分が言うので間違いありません。特にグループレッスンはかなりお得かと。 よく友人知人からは「タンゴって、フラメンコとどう違うの?ベリーダンスは踊らないの?」 とか聞かれますが、男子たるものすべからくタンゴを踊れるようになるべきだと思っております。マジ、仕事より難しいし、個人的には英語やスペイン語習得の時よりも苦労しました。 Let's dance!

究極の外国語学習方法について

…「外国語学習(英語、スペイン語あるいはその他)」に向けられないのだろうか? 1. 究極の外国語学習方法を教えます! この「究極とも言える外国語学習方法」を編み出すのに苦節30年・・・・いや、もう50年はかかっただろうか。(まあ、50年もまだ生きていないけど) せっかくこのコラムをお読みいただいた方にだけ、30万円も払わず、こっそりと無料でここだけでお教えしたい。 それは・・・・・・ 「できるだけ短期間のあいだに、毎日長時間勉強する」ことだ。 返品もクレームも受け付けないし、「…

20時間で習得するスキルのすすめとタンゴについて

…時間でタンゴや英語、スペイン語が習得できるとは正直思えないが、「20時間を1セットと考えて、20時間でどこまで上達できるか目標を設定する」ことはどのようなことを取り組むにせよとても有効な方法だと思う。 人はいくつになっても、新しいことをいくらでも習得できるし、またそれに伴って人間関係がどんどんと変化していく。それは趣味や仕事に限らず同じだろうとは思う。 忙しさにかまけて何もしないよりは、「20時間」を捻出して、なにか新しいことを習得することを目指して具体的な計画を練る方がより…

タンゴ愛好者のためのブエノスアイレスの㊙︎情報:2016年版

…スクールです。英語とスペイン語の両方で教えてもらえるので、スペイン語ができない方にもオススメできます。またグループレッスンもレベルごとに分かれているので、初心者以外はTango3以上のクラスを取ればそれなりに楽しめます。ただビデオ撮影は許可されていないのが残念です。 (2) Escuela Argentina de Tango 踊れる外国人女性にどこでクラスを取っているか聞くと、比較的にここで取っている人が多かったので、何度か行ってみたところ確かに先生にもよりますが、非常にい…

ワンズワード・コネクト始めました:海外在住の日本人通訳と企業のマッチングサイト

…レスへと旅立った。 スペイン語の勉強とタンゴにはまり2年ばかりが過ぎて、次に移住したメキシコシティではたくさんの友達を作って楽しい時を過ごした。いつしか、違う事業を立ち上げる気概を失っていた。私生活がなんやかんやで充実しており漠然と過ごしてしまった。去年からさすがにやばいと思い、危機感を持って仕事をして、ようやく新しい事業を立ち上げることが出来た。 ワンズワード・コネクト (世界中のビジネスをつなぐ:海外在住の日本人通訳と企業のマッチングサイトです) ワンズワード・オンライン…

たった3ヶ月で英語がペラペラに!

…たのか?」あるいは「スペイン語をマスターしたのか?」と聞かれることがある。 そういうときは、たいてい「1日4、5時間勉強して、だいたい1年で文法やセンテンスは問題なく言えるようになるから、あと1年かけてなるべく流暢に話せるように1日最低でも2、3時間は勉強するといいよ」という夢も希望もないことを言って彼らを幻滅させてしまう。 なぜ英語ができるようにならないか 上記の記事にあるように日本人が英語を習得しようとすると、3000時間かかると考えると、大学まで1000時間英語に費やし…

人生におけるパッションについて

…っている友人にうちのスペイン語のオンラインクラスを薦めてみたら数名入会したが、彼らがスペイン語を勉強するモチベーションはタンゴだ。 タンゴをより深く理解するために、スペイン語を習う。 彼らは寝ても覚めてもタンゴのことばかり考えており、タンゴ以外の話を彼らから聞いたことがない。 (世界チャンピオンのデモビデオですが、彼らは現在日本に滞在しており4月9日に目黒でデモをやるらしい) タンゴとフラメンコの違いも分からない人たち相手にタンゴの素晴らしさを説くのを見て、これだけの熱情を持…

間違いだらけの外国語学習方法について

… ドイツ語(B2) スペイン語 (A1) フランス語 (A2) 中国語 (B2) チェコ語 (A2) ちょうど2歳になったばかりの乳幼児を抱えての5ヶ国語習得だ。それだけでも賞賛に値する。そのやり方については、詳しく記事を読んでもらえばいいが、ここでは「間違った外国語学習方法」を自分の経験を踏まえて、語ってみたい。 1. ゴールが明確ではない 2014年の10月にイタリアに一ヶ月ほど旅行する計画を立てたので、その年の6月からイタリア語を計画的に習い始めた。この時点では「イタリ…

これからは非ネイティブによる英語が世界の主流になる

…る。 例えば、自分はスペイン語をアルゼンチンで学んだが、メキシコに住んでいるときはメキシコで使う言い回しを使ってスペイン語を話さないと、いちいち直された。彼らいわく、「アルゼンチンでは正しくても、きみは今はメキシコに住んでいるんだから、メキシコのスペイン語を話すべきだ」ということらしい。 イギリスで英語を習って、アメリカ南部に住み始めてもずっとその習ったイギリス英語で話していたら、「あいつ、ちょっと頭おかしいぞ」と言われる可能性はあると思う。人間その環境に溶け込む努力をする必…

ディクテーションで覚える ビジネス英語必須パターン123

…ティングのスキルは重要になってくるだろう。 こうしてディクテーションのアプリでじっくりと英語の文章を聞くと、ほんと英語では子音なんてほとんど発音しないのだなと思う。だから、子音は聞き取ろうとするものではなく、文章の構成、あるいは定型句などの固まりでまとめて覚えて判断するしかない。 (ちなみにスペイン語はしっかりと子音は発音しますが、rとLをきっちり発音できないと厳しい言語です。「No pienses, el corazón tiene la razón」のような文章は特に。)

7年目の本気と2016年について

…熱心に英語、あるいはスペイン語を弊社にて学習してくれる方々がいるからだ。 それにまた世界中から発掘してきた優秀な先生たちが継続して、ワンズワードで英語とスペイン語を教えてくれているおかげでもある。 吹けば飛ぶような小さなスクールだけど、ここまでなんとかやってこれたのは皆様のおかげだと思う。 1人の会員様により長く継続して学習していけるようなスクールを目指してやってきたが、それはある程度達成できていると思う。多くの時間を費やさないと外国語はマスターできないし、それの一番の近道は…

あらゆる人の幸せを祈って:マニラより

…スアイレスに移り住みスペイン語とタンゴを学び2年住み、2013年に世界一周の旅に出かけ、メキシコシティにたどり着いて2年ほど住んだ。そして2014年には1ヶ月ほどヨーロッパに滞在して、シチリア島めぐりもした。 多くの人と知り合い、笑い合い、ひとときを共にした。 失った友人よりも得た友人のほうがはるかに多い6年だった。 起業した頃は経営者の自覚など1ミクロンもなかったが、すでにこれだけの年月が経つと、この先の5、6年は想像くらいはできる。今まで自分は行動することこそ善だと思って…

ある日本人女性の死について

…く自由な人だった。 スペイン語も英語もできなくても、なぜかメキシコ人と仲良くなっており、言葉が通じないメキシコ人女性から「彼女は私の親友」と紹介されていた。「メキシコに来たからには、メキシコ人男性とやりたい!」という理由で、実際にそういう関係になり、その一部始終をあけっぴろげに酒の肴にする、そんな奔放な人だった。 一昔前だったら、この程度の関係性ならば、彼女の死はこれほどリアルに感じられなかったと思う。だが、普段から息子さんの写真や話をアップし、「ついに息子に背を抜かれた!」…

英語の訛りについて思うこと。

…合がほとんどだ。同じスペイン語を母国語とするのに、おかしな話ではある。 別のアルゼンチン人は「スペイン人はスペイン語を誇りに思うあまり、他の言語を話すときもわざとスペイン語訛りで話すんだ!まったく嫌なやつらだよ」と言っていた。 スペイン人の例はかなり極端だが、日本人にも当然訛りがある。だがスペイン人のようにわざと日本語訛りにしている人はいないと思うので、相手に不快な思いをさせることは稀だろう。 訛りは個性だと思うし、相手が聞き取りやすいように話すように心がければ、それはそれで…

外国人とコミュニケーションを取る最適な方法とは?

…い外国語学習(英語やスペイン語、はたまた中国語学習など)によって、そこに到達できる人たちは、とてもコミュニケーション能力が高い人たちだ。彼らは言葉によってコミュニケーションできる限界をよく知っているので、それ以外のことでコミュニケーションを取る努力をする。そういう人たちは周りにたくさんいたので、羨ましいと思ったものだ。 クリスティーンという人 (このときの彼と結局結婚して、すでに子供もいるという・・・月日が経つのは早いものだ) だから、「外国語を学習して言葉を覚えることだけが…

タンゴと人生とブエノスアイレス・・・それに時々仕事。

…たとは思う。 英語やスペイン語の習得よりも、よほど自分にとっては難しかった。 優秀な先生の資質について:ブエノスアイレスのアルゼンチンタンゴ 最初の2年はリズム感を養う練習に割かれたと言ってもいいほど、何度も何度も繰り返し単調なステップを繰り返して、タンゴの音楽性とリズム感を養った。その甲斐もあって今では我が物顔で踊れるようにはなっている。 そして、2年前からTanguitoというブエノスアイレスでは有名な先生のグループレッスンに通っている。さすがに2年も定期的に通っている外…

人生のピークについて冬のブエノスアイレスで考える

…アイレスに移り住み、スペイン語を習得して、さらにメキシコへと渡ることなんて想像していなかったから、ある意味当たってはいる。 その占い師の方は何度も自分の手相を見て、「あんたは本当に波乱万丈な人生を送ることになる」と何度も念押していたのが印象的だった。 人の人生のピークは様々だが、一般的には30代、40代が働き盛りと言われている。 もちろん、それと人生のピークが一致するとは限らない。人によっては青春時代が一番だという人もいるだろうし、どんなときでも今が一番というのもありだと思う…

グローバリゼーションと「雨が降れば、予定はキャンセル」の相関関係について

…。現に以前習っていたスペイン語の先生の家は、最上階にあり、よく雨漏りがしていた。そういえば、自分たちが住んでいた家も二階建ての二階部分でやはり雨漏りがしていた・・・・・全く笑えない話だ。 ブエノスアイレスに住んでいれば、雨漏りのひとつやふたつで特に目くじら立てることもなくなるのも事実ではある。電気やインターネットなどが時々切れる国なのだから。 「雨が降れば、予定はキャンセル」というのは、人間的に正しい選択肢のような気もする。大雨が降っているのに、わざわざ出かけていくほどの重要…

最も効率のいい英語習得と外国語の習得の意味について

…やり方です) 自分がスペイン語をマスターしたときは、1年間で1000時間の学習時間を確保して、スピーキングのレベルは1年目のお終わりにはB2に到達しました。ただ、文法の知識や語彙などは十分でも、スペイン語ネイティブの人たちとのやりとりはまだ不十分だと感じたので、レッスンを継続して、そのあともう1000時間ほどスペイン語の学習に費やしました。 外国語を習得するということは、その国の文化、生活習慣、考え方をも習得するということです。自分にとっては、言語そのものを習得することより、…

新しい自分に向けて:言語を習得するということについて

…た。あの辛く長かったスペイン語を勉強していた日々のことを。 語学力と人柄:足りないものはキャラで補うということ。 気まずい二人:コミュケーション能力を高めるために 宿題バンザイ!:自律した学習者になるために なぜあれほど取り憑かれたかのようにスペイン語の勉強をしていたのか、今となってはよく分からない。 今となってはアルゼンチンでは、「アルゼンチン生まれ?」と聞かれ、メキシコでは「スペイン語は最初から話せたの?」と言われ、全くゼロスタート、いわば「Hola!(こんにちは)」しか…

旅と生活と日常と・・・・

…って新しい言語であるスペイン語も身につけたし、さらにリズム感なんて全くなかった自分がタンゴを踊るようになった。それこそ、想像さえしていなかったことだ。 日常生活で「想像さえできないこと」を行うことはとても難しい。 だから、人は旅に出たり、非日常的なことを行うことによって、それを経験しようとする。 この4年間で旅をすることが日常となってしまったので、旅から何か刺激を受けることがとても難しくなってしまった。今度は逆に旅をすることなく、この日々の日常生活で「想像出来ないこと」を経験…

言語習得とキャラの獲得、それに英語とスペイン語について

…語を話している時と、スペイン語を話している時、それに日本語を話している時、それぞれ自分のキャラが違うとは思う。 とくに19歳で留学して、英語を日常的に話すようになって、「英語を話している自分」と「日本語を話している自分」にかなりの差があることが新鮮で楽しかった思い出がある。 スカイプもネットもなかった頃だったし、また日本人の友人をなるべく作らずに英語だけで生活していたので、なおさら自分の英語キャラはどんどんと確立されていった。 言語を習得する楽しみのひとつに、「違うキャラの獲…

外国人とコミュニケーションを成立するためにすべきこと

…るかということだ。 スペイン語はもちろん重要だが、生きてきた環境も常識、教育もすべて違う。そんななかで「話が合う」という状況まで持っていくのはとても難しい。 いつも言っているが、言語はあくまでコミュニケーションの一つのツールであって、コミュニケーションそのものを成立させるには、そのコンテンツが何よりも重要となる。 コンテンツというと分かりづらいが、言い換えれば「共通の話題」だ。 ビジネスを一緒にしている場合はその話題で乗り切れるかもしれないが、そうでない場合、外国人との会話に…

ある贅沢な悩みと旅と起業について

…せるようになり、またスペイン語も身に付け、どこでも仕事が出来る環境も整っている。世界中にいる友人ともFACEBOOKで繋がっていられる。 環境は劇的に変化し、スマートフォンがあれば、いつでもどこでも仕事は出来る。 ただこの「いつも何か繋がっていられる環境」に少々嫌気が差しているのも事実だ。寝ている時も食べている時も、スカイプのチャットに呼ばれるし、メールは24時間いつでも容赦なしに送られてくる。 以前は知らない土地へ行けば、そこの生活に順応するように努力したし、日頃の生活とは…

【衝撃の事実!】英語の発音はネイティブが一番悪い!

…anish とまあ、スペイン語なんて次に学ぶ言語としては最適ではないだろうか・・・・・ (ちなみにスペイン語は英語以上に多くの国々で話されているので、「ネイティブスピーカーの発音」なんて話題にもならない) 結局、何が言いたいのかいうと、「ネイティブのような発音」なんてものは千差万別であり、自分が気に入った発音・アクセントで話してそれで通じればいい。そして、英語を母国語としている人たちは大抵の場合、「英語しか話せない残念な人たち」なのだから、こちらがわざわざ英語を話してあげてい…

ラテン世界のタクシー事情:世界はUberのものに。

…支払う羽目になる。(スペイン語が出来ない場合は交渉自体出来ず、大変な苦労を伴う) 2.流行っているバーやレストランの前にはタクシーが常駐し、それらの多くはマフィアに所属しているタクシーの既得権となっている。もめると大変危険である。 3.メキシコシティに限れば多くのタクシー運転手は地方出身者で占められ、土地勘がない。よって悪気がなくても辺鄙なところに連れて行かれたたり、多くの場合は遠回りをされる。 そして、このような事態に日本でも話題になっているUberが殴りこみをかけて、ここ…

経営は娯楽:人生を賭けたエンターテイメントについて

…(オンライン英会話・スペイン語スクールという形態なので、「会う努力」をしないと彼らの人生を実感できる機会はありません。先週も、うちでスペイン語と英語の先生をしているアントニオ先生と会ってきました) そして、自分たちが提供する商品やサービスの先には「顧客」がいます。 彼らにいかに満足して喜んでもらえるか、それが一番重要な点です。 これからテクノロジーはどんどんと進化し、実際に「お客様」に会う機会は少なくなってくると思います。しかし、きっと彼らのニーズ、彼らがまだ知りもしないニー…

副業始めました・・・・たびのたつじんとピクスタ

…それなりに稼いでいるのは上位100名くらいだけだろう。たびのたつじんのようなサイトもきっと一部の人に人気が集中するような感じになるとは思う。 うちもそろそろオンライン英会話、スペイン語、日本語スクールだけではなく、新規な事業も発足させないとは思ってはいる。やはりシステムの作り手側に回らないといつまでもジリ貧だ。 ちなみにカメラマンが副業なのかと色々な人に言われたが・・・・自分では一応起業家だと思っています。でも写真の仕事も将来的には復活させますので、よろしくお願いいたします。

経済成長が貧困層を増やすという現実:メキシコより

…キシコ人をオンラインスペイン語レッスンのために雇っているが、メキシコ人とのかかわり合いはそれでもまだ薄い。せっかくメキシコにいるのだから、この国でしか出来ないことを今後実践していきたいと思っている。 知り合いのアメリカ人の起業家は「メキシコのような新興国でビジネスを展開するよりは、アメリカや日本でビジネスを展開したほうが数倍は早い」と言っていた。それは一理ある。だが、先進諸国の成長はすでに頭打ちなので、今後のためには新興国にビジネスを展開したほうがより成長が期待できるのも確か…

アルゼンチンと一蓮托生な人生の我が人生について

…ける。 教師を辞めてスペイン語を勉強するためにブエノスアイレスに来たノルウェー人や、モデルエージェンシーをロスアンジェルスで経営しているが、仕事はすべてオンラインで行い、1年のうち4ヶ月だけブエノスアイレスに滞在するアメリカ人。 世界には色々な仕事をしている人がいるが、ブエノスアイレスには自分のようにオンラインで仕事をしている人が非常に多い。かくいうマイクも自分でサイトを持っており、それの広告収入で食べている。 日本人から見ればメキシコでもかなりのんびりしているが、メキシコ人…

そうして決戦が始まる:オンライン英会話スクール最終戦争

…か採用しない。英語、スペイン語に関しても相当量の勉強をしているので、自分のような人間を満足させられる人しか採用はしない。 先生として問われるのは、何よりも人間性だ。語学の知識も必須だが、そうなるとネイティブスピーカーが一番となる。でも、自分はそう思わない。ネイティブスピーカーでもひどい先生はいくらでもいるのを経験上知っているからだ。 自画自賛ではないが、ワンズワードほどバラエティに富んだ先生たちを揃えているスクールはほかにないと思っている。特に最近ではスペイン語と英語の両方を…

ラテン音楽と過ごす日々について

…ン音楽を聴いている。スペイン語の曲は英語の曲のよりも聞き取りやすく、歌詞が頭に入ってくる。 まずはアメリカ生まれだけどメキシコ育ちのJulieta Venegasの曲からご紹介。 ブエノスアイレスに住んでいた頃のスペイン語の先生ロレーナから教えてもらってから、かなりのヘビーローテーションで聴いている歌手だ。しかし、ここメキシコではなぜかあまり彼女のことを好きというメキシコ人に会ったことはない・・・・ この曲は鉄板だ。 メキシコではこの曲がかかれば、みんなが歌い出し、踊りだす。…

向上心と反比例する幸福度とラテンの人々について

…華麗にスルーしすべてスペイン語で返すようにしている。リズム感が全くないのに、「ワタシ、サルサ踊れる」というメキシコ人女性は後を絶たないし、かなりの太めの女性でも当然のように自分を美人だと思っている。 ある意味、素晴らしい価値観だし、地球幸福度指数でもベトナム以外はラテン諸国が独占している。 (ちなみに麻薬問題で人々が頻繁に行方不明になるメキシコでも23位、常に財政破綻と直面し、実質インフレ率は年30%と言われるアルゼンチンは15位。でも日本は75位・・・・何かがおかしい) 向…

円安とこれからの成長について:メキシコにて

…、オンライン英会話・スペイン語、それに日本語スクールとしてメキシコ人のお偉いさんの方々、さらには日本企業の方々にアピールしてきた。 そして、ついでと山田大使夫妻と共に写真を撮ってもらった。 このインターネット全盛の時代で、ちらし配りは前時代的な宣伝方法だが、かなりの人に興味を持ってもらったので良しとしよう。隣にいたNHKの人は、「今日は大使の誕生日パーティー?」と訊いてきたが、「天皇陛下のだよ」と教えてあげた。自分が参加する企業展示の趣旨くらいは覚えてほしいものだ。 この円安…

外国人であることのメリット:メキシコ・シティにて

…さらには会話はすべてスペイン語という友人を持つなんて数年前までは想像していなかった。 (メキシコ人はなぜか仮装が大好き・・・いつでもどこでも仮装パーティーをやっている) 特にここメキシコでは貧富の差も激しく、先進諸国とは生活のレベルが違う。それでも一緒にいて気を使わず楽しく思える友人を作るのは至難の業だ。外国人と時々話すが、彼らもよく「メキシコ人の友人を持つのは難しい」と言っている。 同じラテンの国、さらに同じスペイン語を母語として話すコロンビア人なども時々、そのように嘆いて…

正しいものが勝つのではなく、勝ったものが正しい:DMM英会話の戦略

…提携した。 そして、スペイン語、日本語オンラインスクールも開講し、違うマーケットにも進出した。 (まともにやっても打ち勝てる相手でもないし、大手を含めた多くのスクールは今後、淘汰されていくだろう) この世の中、正しい者が勝つのではなく、勝ったものが正しい。 自分がDMM並の資金力があれば、きっと同じような戦略をとっていただろうとは思う。 えげつないかもしれないが、オンライン英会話スクールでの利益は度外視し、とにかくシェアを伸ばして業界ナンバーワンになった暁には価格を上げていけ…

3ヶ月以内に達成可能な目標を持って語学学習を行うべし

…がある。イタリア語もスペイン語と同じように、過去形、現在形などすべて活用し、いちいち覚えていかなくてはいけない。 イタリアに滞在していた頃は、すべて一人称で切り抜けていたが、やはりきちんとしたイタリア語を話すにはすべての動詞の活用を覚えるのはとても重要だ。30分のオンラインレッスンに以前から懐疑的だったが、実際に自分がやってみて、納得した。 30分だと、カタコトでもなんとかなってしまう。 しかも、相手はイタリア人だ。世界中探しても無口のイタリア人なんて見つからないだろうと思う…

ヨーロッパで起こった本当にあった怖い話:格安航空会社編

…る。英語はもちろん、スペイン語も流暢に話す海外経験豊かな日本人だ。 そんな彼がふとした思いつきで、イギリスからブタペストに行くことにした。 ウィズエアーという格安航空で80ポンドというかなり格安な航空券を見つけたので、それを購入した。 そのとき、特のなんの注意を払うことなく、空港へと行き、搭乗口まで辿り着いたときの話だ。 ウェズエアには「One bag per passenger policy」というものがあり、予約確認書をメールでもらったときに確かそんなことが書いてあったと…

日本人が英語が苦手なんて幻想だ:ビジネスで使うための英語とは(アゴラ)

…います。ぶっちゃけ、スペイン語が話せると、イタリア語は語彙を入れ替えればいいだけ、文法はほぼ一緒なので、とても簡単です。 (イタリア語は前置詞がやっかいですが・・・それは相当やりこんでから取り組みます) 自分の周りには複数言語を操る人たちが多いのですが、その秘密の一端を知った気がします。そんなことと、さらに思ったのは、「ビジネス英語とは、なんぞや?」と考えた時に、思ったことを書きました。自分の仕事の90%は英語ですが、ほんと毎日来る日も来る日もスカイプチャットの日々です。あっ…

ビジョンと責任の狭間で:Beejay先生の退職について

…イン英会話スクールのスペイン語版、英語版、それにポルトガル語版をリリースした。それにフィリピン格安マンツーマンスクールの老舗CNE1様とも提携させていただいた。さらに鬼丸昌也さんという優秀なリーダーに率いられたNGOであるテラ・ルネッサンス様とも提携した。 そして、近日中にサイトを全面リニューアルして、オンラインスペイン語、オンライン日本語サイトもきちんと形にしていく。2,3年先を考えて、これらの手を打っているが、なかにはなぜか不安に思う先生もいる。当然、きちんと説明している…

ローマへと:イタリアンマスターを目指して

…つの言語はドイツ語、スペイン語、それにフランス語あたりが一般的なのだろう。 今日、会う予定のイタリア人の友人フレデリックは母親がドイツ人なので、当然ドイツ語も話し、それにイタリア語、スペイン語、英語を話す。完璧な英語を話すよりは、複数の言語を話せるようになったほうがはるかに人生に恩恵があることは間違いない。 今回の旅のテーマは特に決めていないが、イタリアには長く滞在して、なるべくイタリア語を勉強しようと思っている。今のレベルは超初心者だが、文法などはスペイン語とほぼ同じなので…

雨のブラチスラバにて:サイトの全面リニューアルについて

…と思うが、オンラインスペイン語、それにオンライン日本語と新しいコンテンツも増えることだし、ちょろちょろといじるよりは全面的なリニューアルを敢行することにした。(また特にラテンアメリカ市場を意識して、ビジュアル重視のサイト作りになっている) サイトのトップページのみ現在完成しており、これからほかのページのデザインを作るところだ。 (アルゼンチン人デザイナーに事細かく要求し、辟易されたが、サイトのトップページは会社のキモなので、一切の妥協をしなかった。よって工期が大幅に遅れてしま…

そうしていつの日かまた

…英文の契約書についてスペイン語で相談した。思えば、遠くへ来たものだ。ブエノスアイレスに行った頃は、挨拶程度しか出来なかったのに、込み入った要件をスペイン語で話せるようになった。 ブエノスアイレスではスペイン語を身に付け、そしてタンゴを習った。ここメキシコではサルサを身に付け、スペイン語を活かして現地の人たち向けに色々と仕掛けていきたいと考えている。自分が満足出来る結果が出るまでは、この土地から去ることもないだろう。 人から見ると行き当たりばったりな人生に見えるが、自分のなかで…

世界にまたがる腰痛という悩みについて:メキシコシティより

…腰にまたなり、当時のスペイン語の先生オススメの整体師を呼んだら、施術が終わった後立ち上がったら、急に腰の血流が良くなったからか生まれて初めて貧血になり、台所でそのまま失神して、したたかに冷蔵庫に頭を打ち付けたことはここだけの秘密だ。 (ついでにその家を退出するときに、大家さんには1万程度の修理代を請求された・・・絶対修理なんてしないはずだけど、たしかに冷蔵庫が自分の頭突きで凹んだのは事実だので仕方なく支払った) 打ちどころが悪かったら死んでいたところだ。 死因がぎっくり腰・・…

オンライン日本語スクール始めました:石橋は叩かず渡れ!

…スクール、オンラインスペイン語スクール、それに日本企業に勤務するメキシコ人社員相手にオンライン日本語スクールを売り込むために忙しい。 ブエノスアイレス在住の日本人をすでに1人雇用した。(ご協力感謝します!) 随時、これからも継続的に日本人講師を雇用していく予定だ。 そして、メキシコ人のスペイン語教師も1人採用し、来週中にはスタートしてもらう予定だ。アベノミクスではないが、打てる矢があれば次々と打っていく予定である。ここメキシコは今だインターネットで検索して何かを探す文化は定着…

スペイン語オンラインレッスン始めました:どこでも出前します!

…伸びだ。 そうして、スペイン語通訳のニーズが高く、もう需要に供給が追いつかないらしい。 たしかに英語が苦手な日本人にとって、スペイン語は敷居が高い。 もとはメキシコの日本ブームに目をつけて、日本語レッスンを開始するので、その相談のためにメキシコシティにあるジェトロの事務所へと行った。しかし、どうせならと思い、スペイン語レッスンもスタートし、メキシコ人社員向けには日本語のオンラインレッスンを開講し、日本人社員の方々にはスペイン語レッスン、あるいは英会話レッスンを開講することにし…

オンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」が特定非営利活動法人「テラ・ルネッサンス」と提携

…リカ大陸にも進出し、スペイン語・ポルトガル語・英語によるオンライン英会話スクールも立ち上げました。ラテンアメリカにも貧しい国々はたくさんあります。そのような国々のNGOとも提携し、率先して世界にソーシャルマーケティングという考えを広めていく予定です。 ■新しい価値の創造を目指した活動 2009年よりオンライン英会話スクールを運営している株式会社ワンズワードは、企業のミッションに「ソーシャル・ビジネス」を掲げています。創業当時より、フィリピンのNGOに定期的に寄付を行ってきまし…

マネージメントとは:カリブの海へ

…なにせ日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語の4ヶ国語もある。 これもすぐに効果を現れるようなことはないが、やるとやらないとでは雲泥の差が生まれる。 ふと何気なく手にとった漫画に「一国の将軍というものは、最弱の兵士でも戦に勝てるように作戦を考え、一国の王となれば、どんな無能な将軍が指揮しても戦に勝てるように戦略を練るもの」という言葉があった。 人は誰でも自分を基準に仕事をしている。 そうして、多くは失敗する。 自分に出来て、なぜ人に出来ないか理解していないからだ。 そういう自…