Keep My Word

英語、スペイン語、日本語のトリリンガル&語学マニアが講じてオンライン外国語スクールを2009年より運営。旅とタンゴをこよなく愛する。最先端の心と体の健康づくり→量子デバイスCS60施術士&二つの会社の社長。

スペイン語 の検索結果:

雨のブラチスラバにて:サイトの全面リニューアルについて

…と思うが、オンラインスペイン語、それにオンライン日本語と新しいコンテンツも増えることだし、ちょろちょろといじるよりは全面的なリニューアルを敢行することにした。(また特にラテンアメリカ市場を意識して、ビジュアル重視のサイト作りになっている) サイトのトップページのみ現在完成しており、これからほかのページのデザインを作るところだ。 (アルゼンチン人デザイナーに事細かく要求し、辟易されたが、サイトのトップページは会社のキモなので、一切の妥協をしなかった。よって工期が大幅に遅れてしま…

そうしていつの日かまた

…英文の契約書についてスペイン語で相談した。思えば、遠くへ来たものだ。ブエノスアイレスに行った頃は、挨拶程度しか出来なかったのに、込み入った要件をスペイン語で話せるようになった。 ブエノスアイレスではスペイン語を身に付け、そしてタンゴを習った。ここメキシコではサルサを身に付け、スペイン語を活かして現地の人たち向けに色々と仕掛けていきたいと考えている。自分が満足出来る結果が出るまでは、この土地から去ることもないだろう。 人から見ると行き当たりばったりな人生に見えるが、自分のなかで…

世界にまたがる腰痛という悩みについて:メキシコシティより

…腰にまたなり、当時のスペイン語の先生オススメの整体師を呼んだら、施術が終わった後立ち上がったら、急に腰の血流が良くなったからか生まれて初めて貧血になり、台所でそのまま失神して、したたかに冷蔵庫に頭を打ち付けたことはここだけの秘密だ。 (ついでにその家を退出するときに、大家さんには1万程度の修理代を請求された・・・絶対修理なんてしないはずだけど、たしかに冷蔵庫が自分の頭突きで凹んだのは事実だので仕方なく支払った) 打ちどころが悪かったら死んでいたところだ。 死因がぎっくり腰・・…

オンライン日本語スクール始めました:石橋は叩かず渡れ!

…スクール、オンラインスペイン語スクール、それに日本企業に勤務するメキシコ人社員相手にオンライン日本語スクールを売り込むために忙しい。 ブエノスアイレス在住の日本人をすでに1人雇用した。(ご協力感謝します!) 随時、これからも継続的に日本人講師を雇用していく予定だ。 そして、メキシコ人のスペイン語教師も1人採用し、来週中にはスタートしてもらう予定だ。アベノミクスではないが、打てる矢があれば次々と打っていく予定である。ここメキシコは今だインターネットで検索して何かを探す文化は定着…

スペイン語オンラインレッスン始めました:どこでも出前します!

…伸びだ。 そうして、スペイン語通訳のニーズが高く、もう需要に供給が追いつかないらしい。 たしかに英語が苦手な日本人にとって、スペイン語は敷居が高い。 もとはメキシコの日本ブームに目をつけて、日本語レッスンを開始するので、その相談のためにメキシコシティにあるジェトロの事務所へと行った。しかし、どうせならと思い、スペイン語レッスンもスタートし、メキシコ人社員向けには日本語のオンラインレッスンを開講し、日本人社員の方々にはスペイン語レッスン、あるいは英会話レッスンを開講することにし…

オンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」が特定非営利活動法人「テラ・ルネッサンス」と提携

…リカ大陸にも進出し、スペイン語・ポルトガル語・英語によるオンライン英会話スクールも立ち上げました。ラテンアメリカにも貧しい国々はたくさんあります。そのような国々のNGOとも提携し、率先して世界にソーシャルマーケティングという考えを広めていく予定です。 ■新しい価値の創造を目指した活動 2009年よりオンライン英会話スクールを運営している株式会社ワンズワードは、企業のミッションに「ソーシャル・ビジネス」を掲げています。創業当時より、フィリピンのNGOに定期的に寄付を行ってきまし…

マネージメントとは:カリブの海へ

…なにせ日本語、英語、スペイン語、ポルトガル語の4ヶ国語もある。 これもすぐに効果を現れるようなことはないが、やるとやらないとでは雲泥の差が生まれる。 ふと何気なく手にとった漫画に「一国の将軍というものは、最弱の兵士でも戦に勝てるように作戦を考え、一国の王となれば、どんな無能な将軍が指揮しても戦に勝てるように戦略を練るもの」という言葉があった。 人は誰でも自分を基準に仕事をしている。 そうして、多くは失敗する。 自分に出来て、なぜ人に出来ないか理解していないからだ。 そういう自…

英語バカの人たちへ:謙虚になるための処方箋

…パから来た人たちも皆スペイン語と英語は当然のこと、ほかにもいくつかの言語を話せる人たちが多かった。 (イギリス人を除くけど・・・・・あとアメリカ人でスペイン語を流暢に話せるのはかなり希少でもある。怠惰な人たちだ) 前置きが長くなった。 今日はイタリア語レッスン二日目だったが、イタリア人先生にナチュラルに軽蔑された。 「ほんと、イタリア語からっきしね!」という感じだ。当たり前だ。イタリア語を勉強した総時間は2時間にも満たない。 一応、これでも英語、スペイン語、日本語と三ヶ国語を…

イタリアン・ビギナーな日々

…けた。 イタリア語はスペイン語に似ている。 そして、ベロ先生はイタリア人だが、スペイン語も教えているので、スペイン語も理解できる。 イタリア語を話そうにもイタリア語のボキャブラリーはほぼゼロなので、スペイン語が出てきてしまう。でも、ベロ先生のイタリア語を聞いているだけでも、なんだか幸せな気分になる。イタリア語はとても音楽的な言語だ。人をうっとりとさせる効果がある。 「Italian for Beginners(邦題:幸せになる為のイタリア語講座)」というとてもつなく地味なデン…

これからのことと、ワンズワードの未来について

… そして、今年からはスペイン語版、ポルトガル語版、それに英語版のオンライン英会話スクールを立ち上げた。すでに市場が格安オンライン英会話スクールで埋まっている日本の市場では将来的により厳しくなると思い、海外に活路を見出すためだ。 さらに口コミだけで多くの生徒を獲得しているフィリピンの語学学校である「CNE1」と提携させていただき、両社の生徒様により良い英語学習環境を提供し、そこでまたお互いにとって新しい顧客層の獲得を目指している。 「利益の共有」をミッションとしているソーシャル…

ソーシャルビジネスについて再び思うこと

…い。 そして、今ではスペイン語版オンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」を立ち上げ、スペイン語のインタビューを受け、それがメキシコの雑誌に掲載されることになったわけだ。 彼、彼女たちのために始めたオンライン英会話スクールだが、どうやらそれも岐路に立っているらしい。これからはもっとソーシャルビジネスの側面を強く打ち出し、メキシコひいてはラテンアメリカでもある程度の生徒を獲得出来たら、それを現地の人たちに還元していきたいと思う。 会社を上場させたり、フェラーリを乗り回す…

メキシコ・シティへと再び

…せっかく出来上がったスペイン語版のオンライン英会話スクール「ワンズワードオンライン」をマーケティングしないといけないので、その進捗状況次第では、少し滞在が長引くかもしれない。 メキシコのマーケティング会社やアメリカのマーケティング会社を使って色々とやってみたが、一向に効果は上がらない。やはりここは初心に帰って、すべて自分でやってみるしかない。 メキシコ・シティに帰ってきて、最初に会ったのは、やはりこの人アビマエルだった。 会わなかったのは一ヶ月程度だが、なんだか久しぶりに会っ…

今までの20年とこれからの20年について

…かだ。 英語、それにスペイン語を身に付け、タンゴを踊り、そして世界中どこでも住める自由も手に入れた。 それでも立派な大人になったとは言いがたい。 なにか次世代のために残せるものが今の自分にあるとは思えない。 だからこそ、これから築きあげていくしかない。 368Y Par4 第二打 今から9年も前に上記のようなことを書いた。すでに自分は人生の第二打は打ち終わり、今から三打目だ。ここからバーディーを取るのは生半可なことではない。よほどのことがない限り無理だろう。 それでもやはりパ…

空港にて:明日の自分のためにできること

…イレスに2年も滞在しスペイン語とタンゴに時間を費やし、今ではメキシシティに滞在して、サルサにうつつを抜かしている。 そんな生活にも正直、飽きた。 こんなふらふらしている人間が言うのもなんだが、もっとふらふらしてもいいのではと思っている。 例えば、夏はイタリアで過ごし、冬はブエノスアイレスで、南半球の夏を満喫して、春は日本で桜を堪能して、日本の雨季が来る前にアジアで食を堪能して、それからメキシコのカンクーンでビーチ生活をするのももはや夢ではない。 もちろん、そのためには今まで以…

マンゴツリーのなかで:フィリピンにて

…で英会話を教えるべくスペイン語サイトを立ち上げ、ついでにポルトガル語版も作った。それだけではなく、様々な変化を今年は起こそうと考えている。 4年も5年も同じことをやっていると組織としてダメになるので、多少の入れ替えと変化は必要だ。そのために必要なこと率先してやっていこうと思っている。 世界の変化は年々早くなってきている。 そのためにもそとの空気に触れることは重要だ。 今やっていることの結果が出ることはまだ先かもしれないが、これからも「変化」を求めて、個人的にもビジネスに関して…

先進諸国は蜜の味:発展途上国での生き方

…いたが、タガログ語はスペイン語の語彙をそのまま使っているので、かなりの単語が分かった。 スペイン語が出来れば、タガログ語は三ヶ月くらい勉強すれば、日常会話くらいはいけるのではと思う。彼女たち同士もたまにしか会わないので、タガログ語で話してしまうのは仕方がないとは思うが・・・・全く気を使われなくなっているボスというのもどうかとは思う。 AMAYA先生などからは、「ユウキ、うちに泊まって行きなよ」とよく誘われるが、どう考えても豪邸に住んでいるだろうから、気が引ける。 派手な恰好な…

ワンズワードの世界戦略についての説明書:オンライン英会話スクールの生き残り方

…ようやくリリースしたスペイン語版、ポルトガル語版は、1年遅れのリリースとなってしまった。どうも勘違いしている人たちがいるようだが、別に拡大思考の賜物で、海外へと向かっているわけではない。 国内にほぼ成長の可能性がないので、海外へと場所を移しているだけだ。 DMMなど豊富な資金力を持った会社にまともに立ち向かっても意味がない。 ワンズワードは個人資本で始めた会社であり、今後もそのようにあり続ける。銀行やベンチャーキャピタルなどの資本を入れてしまえば、ソーシャルビジネスという基本…

ワンズワードオンラインの世界展開について

かねからの念願だったスペイン語版、ポルトガル語版、それに英語版の弊社オンラインスクール「ワンズワードオンライン」をリリースした。 スペイン語版 ポルトガル語版 英語版 元々のきっかけはブエノスアイレスで盗難にあった日本人新婚カップルの方とお会いし、「ブラジルの英語熱がすごい!」という話を訊いて、始めたものだ。 (今では会員となっていただき、ありがとうございます) しかし、創業以来お世話になっていた開発会社の内部のゴタゴタに巻き込まれ、プロジェクトが遅々として進まなかった。4年…

新興国のマーケティング事情:さすがのラテンクオリティ!

…も、メキシコ人相手にスペイン語でまくしたてて、挙句にマーケティング会社の人たちに、「そもそも、うちの会社がほかの会社とどう違うかを強調することがマーケティングするときには大事なのに、君たちはうちの会社の名前すら知らないし、ウェブサイトすらみていないじゃないか!」と説教垂れることが出来るようになったのは、収穫だ。 っていうか、最初からイラッとしたのは、こっちが1人だと思い、向こうは特に用もなさそうな人たちを連れてきて、総勢5人でわざわざ来たことだ。5人も雁首揃えてきたのに、まさ…

終わりなき旅:とある日曜日のメキシコシティにて

…行って、そこに住み、スペイン語を流暢に話すようになり、そしてタンゴを踊り、それからメキシコシティに行って君はサルサを踊るようになるよ」と占い師に言われても、「こいつ、頭がおかしいのだろうな」と思って、聞く耳を持たなかっただろう。 その頃の仕事は壊滅的だったし、貯金もなく、将来の展望というものも特になかった。ただ、それでも「世界を旅する」という夢は捨てていなかった。そして、ほかの人がどんなに自分のことをとやかく言おうが、自分が何者であるかけっして忘れなかったし、自分への期待を捨…

人生の深度:一流の人間について

…にもそれが言える。 スペイン語の勉強は最初のころはひたすら辛かっただけだが、それを2年も続けたおかげで、今はスペイン語で不自由なくコミュニケーションを取ることが出来るし、それがとても楽しい、 人生、何も本当に学んだ経験がない人は、人生を楽しむことが出来ないのではないだろうか。享楽的な人生を送るアルゼンチン人たちを見ていると、そう思う。 彼らは今現在の責任は他者に転嫁し、自分たちの能力を向上させる努力をしない。 仕事でもスポーツでもタンゴでもなんでも、彼らは驚くほど自分たちに満…

マルチリンガルであるということ:メキシコシティにて

…にマルチリンガルで、スペイン語も英語もうまく使いこなして、すごいわね」と言われた。 たしかに、考えてみるとブエノスアイレスでは常に英語とスペイン語を話す環境があった。2週間ほど家にはアメリカ人マイクとその友人ティムが居候していたので、家ではずっと英語を話し、そとではスペイン語か英語を交えて話していた。 ミロンガに行くとスペイン語が話せない外国人はたくさんいるので、必然的に彼らとは英語で話す。彼らはタンゴのためにブエノスアイレスに来ているので、スペイン語までは頭が回らないのだろ…

タンゴの国からサルサの国に思いを馳せる

…して、メキシコ訛りのスペイン語を話すようになったのに、ブエノスアイレスに戻って2ヶ月、もうすっかりアルゼンチン訛りのスペイン語に戻ってしまった。さすがに2年も親しんだ訛りのなので、こちらのほうが話しやすいということもある。 そのせいか、よく「ブエノスアイレスに住んでいるのか?」と訊かれる。 答えるのは難しい。 厳密には住んでいないし、また厳密に言うと、どこにも住んではいないことになる。メキシコシティに住んでいるとも言えないし、ブエノスアイレスに住んでいるとも言えない。ましては…

ただひたすら青い空に向かって:ブエノスアイレスより

…スアイレスの1年目はスペイン語がストレスとなり、2年目はマンション購入がストレスだった。それらが一段落すると、なかなか居心地がいい街だとは思う。相変わらず停電はするし、インフレはすごいが、それでも魅力的な街だ。 東京、メキシコシティなどの大都市に比べると、本当に田舎だから、のんびりとしている。メキシコ人の友人アビマエルがブエノスアイレスに遊びに来て、ひたすら「ほんと、ここはのんびりしている」と言っていたので、間違いない。 アルゼンチンという国の行末も気になるし、なんといっても…

偉人への道:タンゴマスターになるために

…いと思う。 英語でもスペイン語でも、それにタンゴでもテニスでも、上には常に上がいるし、そして彼らはみな謙虚だ。むしろ、自分自身に対して謙虚にならないと、何事も極められない。 特に語学なんて、毎日こつこつと勉強しないと上達しないし、またやってもやってもキリがないことも確かだ。だが、謙虚に何事も取り組めば、いつかは日の目を見ることが出来る。 自分のケースで言えば、タンゴを始めた頃はリズム感などほとんどなく、ステップどころかずっとリズム感を養う練習をしていたのに、今では全米チャンピ…

物静かなクリスマスのブエノスアイレスにて

…が、この10年近くでスペイン語、サルサ、テニス、それにタンゴと結構色々と身に着けてしまった。海外では趣味を通じて、人とよく知り合いになるし、仲良くなる。日本ではそんなことは一切教わらないが、言葉と同じくらい趣味は大事だ。 海外では言葉は出来て当たり前だが、それにプラスアルファがあるとぐっとその人たちに近づきやすくなる。30代、40代で戦略的にそういうことを身に付けておくと、そのあとの人生に幅が広がるのではないだろうか。 ブエノスアイレスでは80歳のおじいちゃんが、「ミロンゲー…

2013年の真夏のブエノスアイレスにて

…とことんやる。毎日、スペイン語の勉強に明け暮れ、タンゴを踊り、マテを飲み、アルゼンチン産の肉を食らう。そして、挙句の果てに家まで買う。アルゼンチン人よりもアルゼンチンに詳しくなる努力はする。だからといって、別にアルゼンチン人になりたいわけでもなんでもない。 それがその土地に生きるという自分なりの矜持だ。 アルゼンチンでは、不動産の購入はすべて現金払いだ。しかし、ドル規制があり、建前上ドルは国内に持ち込めないことになっている。それをあの手この手で回避し、とあるプライベートバンク…

みんなフィリピン人じゃない!多様な英語を理解するために

…アイレスに移り住み、スペイン語をマスターして、現在に至る・・・・・と、東洋経済にインタビューされたら、 こう答えるつもりだ。(される予定も、特にされたいとも思っていないけど) 前置きが長くなったが現在、今後の展開を考えて、随時、ネイティブスピーカーの面接を行っている。実際にメキシコ在住の先生を仮採用し、会員さまにモニターレッスンを受講してもらっている最中だ。ほかにもニュージランド人やオーストラリア人、それにNY出身の俳優志望の先生を研修している。 ワンズワードオンラインは国際…

ブエノスアイレス、メキシコシティ、東京:世界の車窓から

…のない話だが、普段はスペイン語だけだったので、旧友との慣れ親しんだ英語での会話はとても楽しかった。 Countries With The World’s Most Beautiful Women アルゼンチンは世界で2番めに美女が多い国と言われているが、たしかにその噂通り、美女は多い。メキシコシティに比べたらダントツだと思う。でも美しいものには棘があるので、なかなか凶暴な性格をしている女性たちが多いのが玉にキズだ。 メキシコシティが大好きという外国人にはそんなに会ったことがな…

これからのこと:年下の友達について

…も違うし、話す言葉もスペイン語だし、さらに世代も全然違う。共通するところを見つけるのが難しいくらいだが、なぜだか気が合い一緒にいて楽しい。 「ブエノスアイレスに行っている間、必要のないものがあれば預かるから」とさらっとこちらの状況を察した言葉を言えるのは、メキシコシティでは彼だけだ。そして、いつも食事をするときは割り勘なのに、自分だけいつも少しだけ多く払うという、紳士的な振る舞い。 (お会計の計算はいつも理系の彼にお任せです・・・・でも、その分いつもバーで自分が多く払うという…